2017年8月5日

立科町のいざわさんのワインお披露目会に参加しました

 
本日2017年8月5日(土)は長和町のお隣、立科町のたてしなップルさんでアルカンヴィーニュの1期生である(私は2期生)いざわさんのファーストヴィンテージのお披露目会がありました。美味しい料理とワインをごちそうさまでした。

最初にいざわさんがワインの説明をしてくれたのですが、彼がこの日のために費やしてきた努力と時間を想像し、涙がにじみました。同じ作り手として苦労や不安が分かるからです。私にもこんな日が来るのでしょうか。その時に私にはこれだけの人を集めることが出来るのでしょうか。魅力ある作り手にならなければいけません。
 
いざわの畑のファーストヴィンテージ
Le Coteau des Chevrettes, Sauvignon Blanc enfant, 2016。糖度12%。
一瞬、樽を使ったのではないかと感じたほど果実味のある香りが心地よく、しっかりと完熟させた果粒を想像させてくれました。ワインは味わいもさることながら、香りもとても大切です。

2016年の長野県は収穫時期直前の長雨がひどく、(30日中、25日以上降ったエリアも)、更に3年~5年目の若い樹からの収穫ということでしたが、それでこのポテンシャル。天候に恵まれれば来年以降はすごいことになりそうです。隣町で作る自分のワインもちょっと期待できるかも、なんて妄想したりもしました。
 
立科町の地域おこし協力隊の方や立科町でワインブドウを栽培している方とも新たに話せてとてもワクワクしました。まだまだ素敵な方がいらっしゃるんだなぁ。またお会いできたらと思います。
醸造した320本のうち1本買わせていただいたので飲むのがとても楽しみです!

2017年8月1日

ぶどうの葉食害の犯人指名手配中

長野県のワインの作り手、阿部っちです。
今回は畑で見つけた2つのフィールドサインから相手(虫)を特定したくて写真を撮りました。

 

こいつは誰の仕業だその1.ブドウの葉の丸い食害

今日の圃場の草刈作業中に、見慣れぬ葉の食害跡を見つけました。
道具を使って穴を開けたようにきれいな円形の穴がポッカリ。


草刈り後から飛び跳ねるキリギリスやバッタをみたもので私はバッタ系だと思ったのですが、8歳の息子曰く、幼虫系とのことです。画像検索してみても見つけられませんでした。さぁ真犯人は誰でしょうか。分かる方、教えてください。

コオロギ、こいつも怪しい。


こいつは誰の仕業だその2.くるくる葉っぱとたっぷりの糞

葉っぱがロールしていてもしかしてリーフロール(ウイルス)かと思って開いてみると・・

中にはたっぷりの糞。虫や幼虫のようなものは見当たらない。もう飛び立った後なのか!?それともまさかこれ自体が糞ではなく卵!?謎が謎を呼びます。私も全力で調べるのでそのうち分かると思いますが、どうか分かる方教えてくださいませ。


「ワインの味を下げる殺虫剤(農薬)を使わない」という覚悟を貫くためにはまず敵を知ることが大切と考えてます。なので畑に行くたびに虫が残したフィールドサインに気を配って観察してます。知らないことがあるとどこかワクワクします。

そしてこの作業、ちょっと楽しいです。こういう作業なら子供も興味を持ってくれそう。
私たち親子が虫博士になればなるほど、うちの畑の食害は減っていくことでしょう。
全てはおいしいワインのために。

2017年7月16日

ワイン作りが信濃毎日新聞に掲載されました

ワインの作り手まっしぐら、阿部タケシです。

上の写真は仮植苗の畑です。ようやく5000本くらいは植えられたのかしら。育って窮屈そうな苗木を仕事終わりや土日の時間を使って仮植していたのですが、急斜面なので水やりしても下まで流れ、腐食が無いので保水性が悪いこともあり、悪戦苦闘しているうちにもう7月半ば。長野県で標高600mでも気温が毎日37度越えの今日この頃は植えてもいよいよ枯れる率が上がってきたと感じてます。

とはいえ。それも計算のうちに入ってのこの本数なので、頑張った苦労が報われたと思ってます。それに来年もその次の年も苗作りは続いていきます。来年もまた1万本植えればいいんです。それに今回の失敗や反省点から、来年以降の苗作りで活かせる技をたくさん見つけられたのは良い経験でした。じっくりと観察しながら良い苗を厳選して植えていこうと思います。

○今年の反省点(来年以降の改良点)は以下の通りでございやす
・斜面で水やりしても流れてしまう圃場だった →来年は平らの畑行えば成功率UP
・大切な苗なのに研修作業で水やりの時間があまり取れなかった →来年からは改善
・トラクターが故障し、耕すことが出来ず、全てクワでの作業で時間がかかった →改善済
・暑い季節までに仮植を終わらせることが出来なかった →来年からは改善確定
・そもそも仮植など必要ない植え方で植えればよかった →来年からは実践


そうそう、信濃毎日新聞から取材を受けて、先日新聞に掲載されました。
ありがとうございますー。



長和町の役場の人たちからも、町民の方からも期待の声をいくつもお聞きしてます。昨今のワインブーム中で、最高のワインを作るために人生を懸けてるライバルは驚くほど多いわけですが、その中でも輝けるように、頑張るしかありません。

いくら町がバックアップしてくれたとはいえ、最終的に最高のワインを造れるか、それともそれほどでもないありふれたワインとなって埋もれるかは自分の努力の量と栽培と醸造の手法とテロワール次第でしょう。ワインブームで日本ワインの作り手が全国で急激に増えてますが、同時に、海外産ワインがお手軽価格で買える時代にもなりました。その上フランスワインの関税が撤廃されるかもという話まであり。。この中で生き残れるワインの作り手は何パーセントでしょうか。

今は研修期間中で月給制ですが、来年4月からは就農、独立となります。不安もありますが、、船出前は誰でもそうだと思います。同じくらいの期待もあるので大丈夫でしょう。

なにせ栽培方法に関して私はこの2年間、例えば葉っぱ1枚を残すか落とすか、どこの場所の何枚目を残すかなどを真剣に考え抜きました。誘因方法も仕立て方も除草方法もどの工程にもありとあらゆるアイデアと根拠が満載です。そんな技がいくつも重なって飲んだ時に分かるような「個性」が生まれてくれるのではないかと期待してます。(もしかしたら日本ワインコンクールで金賞が取れるレベルのが出来るのではないかと本気で考えてるくらいですから!)

こんな努力が実って自分でも満足できるレベルのワインが出来るようになったら私もワイナリーを作りたいと思います。


いつもお読みくださっている方、ありがとうございます。

2017年7月4日

カーテン式で樹勢をコントロールできるか?

皆々様、こん○○わ、あべっちです。長野県も梅雨らしい梅雨に入りまして。仮植したばかりの苗は水やりしなくてよいので助かるのですが、2年苗たちは病気との闘いに入ってます。がんばれー。

激しい雨の中、仮支柱を立て直し誘引をしました。新梢がぐんぐん伸びてきてます。健康的な育ちをしてくれてまずは一安心。人の手が入ってない裏の山々の土が豊かだから土も肥えているのかもしれません。


この列はカーテン式を実践してみようと考えてます。(GDC(ジェノバダブルカーテン)とはまた違う方式です)。通常の垣根栽培(VSP)では新梢を結果母子から上に伸ばしますが、カーテン式では上から下に伸ばすことで樹勢を抑えます。一番上まで結果母子をもっていかないといけないので根気と手間と時間がかかる仕立て方です。しかし雨が多く、樹勢が強くなりがちな日本のブドウ栽培では有効な手法だと思います。


また、ぐんぐん伸びている雑草は、地主様からは嫌がられる存在ではありますが、地下を見ればその根が、遊休荒廃地解消のためにバックホーなどの重機で踏み固められてしまった土を耕してくれてます。そこに微生物や空気、ミミズなどが入る余地が生まれ、更に団粒化が進むわけです。ありがたいですね。

この頃、消費者の方から応援のメッセージなどを頂くことがあります。単純なので、一言でもいただければ数日間の励みになりますのでぜひお寄せください。ではではっ。


2017年6月28日

苗の仮植作業を進めてます

阿部です。ぶどうの苗木の仮植作業を進めてます。なにせ10000本近く苗木を作ったのでそれらを全て仮植するとなるとなかなか骨が折れる作業です。あ、そうそう骨折といえば先月、左手の指先を3本折ってしまってます。少し痛みはありますがこんなものはなんの問題にもなりません。私は心身共に成長しました。やるべきことをやるだけです。
土から引き抜かれたワインブドウの苗木
さて、こちらは掘り上げたワインブドウの苗木なのですが品種が分かる方がいらっしゃったらすごいです。もう少し成長しないと葉っぱを見てもわかりませんよね。答えはカベルネ・フランです。根も新梢も順調に伸びてくれて嬉しい限り。今日は1100本を掘り起して・・・

19:36までかかって植えつけました。なんて私が頑張っているように書いてますが、私が遅くまで作業すれば、妊娠9か月の奥さんが薪割りをして風呂焚きなどの作業をしなければいけません。申し訳なさでいっぱいになります。私はやりたいことをやらせてもらっているだけで、頑張ってるのは奥さんです。なのでもしクリティカルなワインが作れたらそれは彼女のおかげです。

それでも疲れてもう嫌になった時は誰かの顔を思い浮かべます。ユーモアのある息子、尊敬する母、命を繋いでくれてから死んだ父、プログラマー時代にお世話になった先輩、職場だった学校の先生方、頑張ってる友人、役場の人、頑張ってと言ってくれた人たち…。みんな今、何をしてるんだろう。きっとみんな頑張ってると思うと私もまた少しだけ頑張れるんです。


あと変わったことといったら。息子が上田市の公園でコクワガタを捕まえまくってます。

公園で虫を探す息子(8歳)
私と息子は公園内の樹を見て回り、妊娠中の奥さんは木陰で本を読んで待ってるといううちのパターンです。今年もまたバナナトラップをしかけました。0円で遊べるなんて田舎暮らし最高ですね。

そうそう、うちの猫のトトラ君。ネコなのに呼べば来るし人懐こくて遊びに来る子供たちにも人気者なんです。そんなトトラ君が野良猫(エサを与えられてるけど飼い猫じゃないやつ)に毎日怪我を負わされて困ってます。傷の上から傷を受けること5回、これ以上は命に係わりそうなので外出禁止にしてます。

  
奥さんが毎日作ってくれてるお弁当にも感謝。ようやくズッキーニ、キュウリ、ピーマンなども獲れだして畑もにぎやかになってきました。


明日も6時から東御市の研修先のワインブドウ畑の防除です。欧州系のワインブドウに触れている間、自分の気持ちが穏やかになっていることに気が付きます。好きなんですね。ではおやすみなさい。






2017年6月17日

少し成長してきたワインぶどうの苗木たちです

圃場に植えられたワインブドウのシャルドネの苗(買ったやつ)
そらいろ農園の阿部です。上の写真は私の初めてのぶどう畑となった圃場「柿の畑」です。写真中央奥の大きなこの木なんの木が柿の木なのでそう呼んでます。

こちらは2反ちょっとの圃場で東京からワインを造るためにやってきたNジマさんと半分の管理(というか半分半分)となってます。2つの圃場を石垣を取り払ってくっつけたのですが、こうしてみてみるとやってよかった。景観の広がりが違いますもの。

この圃場の作業的にはシャルドネ70本の定植が終わったので、残りの支柱立てとアンカーうち、針金張りなど、、、まだまだありますね。でも辛い作業も続けてればいつか終わるし、日々成長しているぶどうの苗を見てると頑張らなきゃという気にさせてくれます。自然のような、人口のような、その合間の畑。とにもかくにも私とこのブドウの苗たちは一緒に生きていくわけですから仲間意識が生まれてます。
圃場に植えられたワインブドウのシャルドネの苗(自分で接いだやつ)
土日に圃場に行ったときや仕事終わりにじぃーと観察したりしてます。どれだけ雨が続いたら病気が出るのか、病気になった葉はどうやって回復しているのか、どこまでだったら回復できるのか、どこからボルドー液(殺菌剤)が必要になるのか、まだまだまだまだ理解が足りないけど少しずつ分かってきたこともあり、ノートにまとめてます。

例えば市販のボルドー液は有機認証(オーガニック)されてるし、私の尊敬するドメーヌ達も使ってるし、オーガニックと聞けば消費者の皆様もOKだと思っていて、私も気持ち的には使っても良いのですが、それでも出来るだけ使いたくないし、使うにしても出来るだけ量を減らしたい。この意識を持ち続けて上を目指し続けることこそが良いものを作る道と考えているからです。

ちなみにメルシャンの栽培担当の方も去年、現地で、「ボルドーは香り重視の品種には使わない」と言ってました。つまり硫黄や銅は味や香りに多少なり影響するのです。

自家配合の農薬、いや、栄養剤といえばいいかな?の写真
試してみてる自家配合の栄養剤。どれだけ効くのか、効果はどれだけ続かないのか。気持ち程度のものですが、その気持ち程度の物もまくタイミングや環境、樹の成熟次第ではある程度は効果的になるのではないかと。そんなことを考えながら今日もブドウのことを考えてます。


全てはおいしいぶどうとおいしいワインのために。

2017年6月12日

ぶどうの病気も勉強になってます

長野県長和町でワインの作り手、阿部っちです。

うれしいことに長和町での作業中、散歩をする方々に「頑張ってね」などと声をかけてもらえるようになりました。人の見えるところで作業するって大切ですね。おもろ話としては猛烈な花粉症で鼻水たらしてうずくまっていたら「一生懸命やるしかないぞ、頑張れー!」と声をかけられたことでしょうか。後から聞くと私がひざまずいて悔し涙を流してると勘違いしたそうです(笑)。


さて、写真は研修先の信州うえだファーム(JAの子会社です)が管理している東御市のサンファームのシャルドネの誘引の様子です。この圃場を2年目の研修生である我々が管理させていただいてます。

誘引の方法は…伸びてきた新梢を2本のワイヤーで挟み込むだけ。そしてトップワイヤーまで来たらテープナーで先っちょを固定するだけです。全ての新梢を各ワイヤーに全てテープナーで止める農家を2件知ってますがとても大変です。この方法ならば時間も経費もぐっと短縮出来ますので検討してみてください。(ちなみに私は更に簡単で丁寧に誘引出来る方法を考えました!こうご期待♪)

さてさて、こちらは私が自分の圃場に先日定植したシャルドネ(台木3309)です。写真で分かりますでしょうか。新梢の茶色くなっている部分、ここの新梢に黒とう病が出ました。それが圃場全体に広がりかけていたのでこの数日は要観察状態でした。

黒とう病は早春に雨が降り続くと発生し、葉であれば茶褐色の斑点が出て枯れ、穴が空いていくという病気です。ひどくなれば果実にも発生します。圃場整備からで草も何もない状態での植え付けといことで今回私は自分で黒とう病が好む環境を作り出していたのです。ごめんね、ブドウたち。


数日観察したところ、今回はぶどうたちの力が勝り、回復の兆しが見えました。ただこの菌は越冬するので来年もこのまま同じ環境で来年の萌芽を迎えた場合、おそらく再び発生することでしょう。この病気が広がらない環境を来年春の萌芽シーズンまでに作っておかねばなりません。楽しみです♪

10000本の苗たちも植え替えを待ってます。忙しくて時間が足りずなかなか進まないうちにこちらにはべと病が出てしまってます。もう待ったなしの状態です。急がなければ!