2020年2月6日

2020年02月04日「どうせやるなら全力でやった方が結果が良い」

○ユーカリ種注文期限→挿し木にかける
○ブロッコリー本数決定春作20500本
○郵便物を出す
○コンビニで支払い
○JA でブロッコリーの注文書を出す
○グリーンファームで籾殻袋を買う
○籾殻ゲット →一袋
△緑の部屋片付け
○和田宿場祭り子供イベント考える
○ユーカリ挿し木

ブロッコリー苗春作の20500本を注文してきた。畑がもっとあればもっと作付けしたいのにな。農地を持っている方、お話をください。今はお金が必要なんです。映画みたいに死ぬ気でやります。今までも覚悟してきたけど今年は更に深い覚悟を決めてます。

2日後に-6度、3日後に-10度の日が来るらしい。標高700 M の去年植えたばかりのユーカリ。真っ赤になって頑張ってるけどさすがに今回はきついかな。頑張ってくれ。


部屋の片づけを進めれば進めるほど出てくるごみをリサイクルセンターに出す。金物は金物で分別。陶器は陶器で分別。鉄くずは何かに使えるかなって持ってたけど、1年使わなければ大抵のものは使わない。処分処分。リサイクルに出してるのでまた有効利用してくれるんだろうし、あぁ気持ちいい~。

処分に困った古いよしず。燃えるゴミ袋に入れても穴あくし何枚も使うからお金が勿体ないので丸ノコでカットして今日の風呂に薪として使うことに。これだけで焚けたらエコだ!足りるかな?

 今年も燻炭焼きをスタート。畑の土づくりに欠かせないけど、焼くのに時間がかかるのなんの。1日がかりだもの。

どうせやるなら全力でやった方が結果が良い
待ちに待ってた春が来たのに、プレッシャーで心は重い。この時期は作付け計画を立てるのだけど、30万円かけて100万円を作り出す農業は、リスクが大きくて、賭け事行ってるような気持ちにすらなっちゃう。

本当の話、私だけなら失敗しようが人様から見て惨めな生活だろうが、買うものさえ払って人に迷惑をかけなければ、極端な話、洗濯さえできれば一生同じ服を着てもいい。でも守りたい家族がいると年300万円以上の収入を確保し続けなければいけない。

やるべきことを実現するためにやらなきゃいけないやりたくない作業は、やるべきことをやりたいわけだから、やりたいってことだろう。分かってることはやってみなけりゃ3日後も3年後も同じってことだ。それが嫌ならやってみろってことで、そしてどうせやるなら全力でやった方が結果が良いってことだ。

2020年2月5日

2020年02月03日逆風だか追い風だか分からないけど、風が吹いてきてる

徹夜が多くて時間がもったいなくて書けなかったのでダイジェスト。ここにはまだかけない想いもあるけど、今、地域を盛り上げるべく、素敵な場所を作るべく、夫婦と応援してくれる仲間たちで頑張ってます。もうやるって決めたんだ。

いろんな立場の人がいるのもわかる。石屋さんは儲かるのかもしれない。ただ子供の頃から思ってたこと言わせて欲しい。「石碑はいらない!」

10歳長男「繊細接着剤だっけ?」(瞬間接着剤のこと)

徹夜で資料作成。未来の為にとはいえ、こんだけ大変だと自分がよくわからなくなる。何がなんでも実現させる。自分がやりたいことは実現出来る。

2日間連続の徹夜。人生のなかでもなかなかない。言語障害が出る。人と話してる最中に何回でも寝ちゃう。体に悪いわこんなの。


農家のTさんからブロッコリー作付けの話を頂く。「うちの畑、蕎麦をまく前にブロッコリーを作っていいよ」って。お店始めるってことでお金が必要なんで、ありがてぇッス!新たに1.7反。やってることを見てくれてる人が居るんだなぁ。逆風だか追い風だか分からないけど、風が吹いてきてる。

薪は地球が作り出したエネルギー。木が勝手に育ってくれて、それが燃えてくれる。信じられないほどよくできてる。もちろん植物からしたら刈り倒して焼いてしまう人間を、ふてぇ野郎だとは思ってるんだろうけど。

ハーブのセージ。今年は暖冬、とはいえマイナス5度までは毎晩下がる中、凍らないようにぎゅっと葉っぱを縮めてる。落葉樹のように葉っぱを落とせば楽なのかもしれないけどこの子たちは残す方を選んだ。あと少し、春はそこまでやってきてる。


奥さんが資料作成に夢中の間は私が料理担当。洗濯も掃除もやる。長年の一人暮らし生活が役立つ。ただ料理は原価200円もしないカレーばかりだけど。
 
全羽とは到底いかないけど、たまに数羽のにわとりを外で放置してやると土をおいしそうについばんでる。私個人的には、もう卵を少ししか産まなくなったニワトリは、殺すんじゃなくて、外に放してやりたい気持ちでいっぱい。でも他の人に迷惑がかかったりするからやらない。
 
 冬場は家に居ることが多いので私が次男2歳のお迎えに行くことが多くて、そうなると夕方の卵の収穫やらにも一緒に行くことになる。で、彼と一緒に行くと鳥小屋の中に入りたがるので入ることになる。1歳の頃から入ってるから物おじしない。こういう子は果たしてどんな子に育つんだろうか。

2月1日は親父の命日。25年前の今日が記憶の中にある、あの日なんだ。高校の教室から電車に乗って病院に向かい、部屋に入ったらお父さんのもう顔に布みたいなのがかけられてて。みんな泣いてた。しばらく涙は出なかったのに、お父さんがガラガラと運ばれて部屋を出たとき、物みたいになっちゃったと意識したその瞬間に、涙があふれて嗚咽して泣いたのを鮮明に覚えてる。母の友達の前でうぇっうぇって泣いた。止まらなかった。

お風呂でよく10歳長男と私のお父さんについて話す。「とよぞうさん」と息子は呼ぶ。彼が居たから私たちはここにいるんだよねと。私たちは彼らに集められたとも言える。彼の後の世界は、彼から始まったとも言える。体の中で溶け合ってもうよく分からないけど、彼も彼の父親も、ご先祖様全員が、私たちの中に居る。きっと私にどこか似てる生き物だったんだろう。

徹夜で頑張った資料を提出。打ち上げの代わりに立科町の大好きなお店に食べに行った。台湾ラーメンにギョーザに、台湾チャーハンに天津飯に、青椒肉絲(チンジャオロース)。それにしてもこのお店はボリュームありすぎ。おなかポンポン。
 
このお店ね。名前いつも読めないけど。大満足。また来るよ。帰宅がてら、権現の湯の温泉に入って風呂上りに牛乳のんで、帰宅。また贅沢できるようにパパは頑張るぜ。


2020年1月27日

2020年01月26日「米屋鉄五郎で和田宿場祭り打ち合わせ、ママが意外とゲーム強い!?」

○クレジット支払い156000円(電気、水道、携帯、ガソリン、灯油でこの価格!高ッ!)
○保育料5200円振り込み(ただただありがたい…。来年はもっと上がるかな。)
○事務所に見取り図と見積もり依頼を届ける
○1630米屋鉄五郎にて和田宿場祭り打ち合わせ
○洗濯物干し

凧揚げ中。長和町
10歳児も2才児と凧揚げ。手が凍るほど冷たいけど、なんのその、寒いけど楽しいっ~。気を遣う電線はありゃしません。飛ばし放題、田舎最高~。



米屋鉄五郎で和田宿場祭り打ち合わせ
今年も夏に行われる和田宿場祭りの企画運営会議があるとのことで出かける。去年と同じく、神輿チームに配属、サブリーダーとのことで。私たちは夫婦で参加してるんだけど、小さな子供が居て、2人とも県内に両親、親せきが居ない、そして日曜日は保育園もやってないので、保育園のやってない日は必ずどちらかが子供を見ていなくてはいけない。しか動けないわけで。こういうとき親が居てくれたらいいよなぁ。この辺の親せきやご両親が一人でも近場に住んでる方には想像がつかないみたい。力士風に言うならこれが現実なんでごわす。

今回、思い切って「お店やってみたいです!」と発言してみた。今までそういうのは前例が無かったようで要相談との話。1つでも催し物やお店が増えれば子供たちも親たちもそれだけ長い時間飽きることなく楽しめるもの。

私たち夫婦は千葉でも長野でもいろんなイベントに参加してきたからおそらく経験豊富。タープもある。まぁどちらかは子供をみてなくちゃいけないけどね。恥をかいてもいいさ、子供たちの未来に残すためにも、小さなことから今出来ることをやらなくちゃ。

奥さんがやることとは別におさるのジョージでやってた「ミミズレース」とかお父さん興奮の「アスリート射的」とかバタバタ飛び回って壮絶な屋台になるのが予想される「にわとり釣り」とかウケるのをやりたい。けど、人との兼ね合いがあるからそれが出来るのは10年後かなぁ。この辺は自分のお店やワイナリーが出来たらやる。

帰り道、ワインブドウ関連で農地をお借りしてる方とも遭遇、立ち話をした。「来年はワインが出来ます!」なんて約束しちゃったけど、いや出来るんだけど、また鹿害だの凍害とかなければいいけれども。。それに良いワインを造りたいなら幼木じゃまだダメ。だから最初のワインは大したことないんだ。でも造らなくちゃいけないわけで、この辺はジレンマだなぁ。



ママが意外とゲーム強い!?
夜、息子が7800円もかけて買ったテレビゲームのコントローラーが届いたので、みんなで使ってみたくて、家族4人でテレビゲーム大会。弱冠一名、2才児がやってるのでいちいち中断されるけど家族みんなで出来るのもあるんだなぁ。@マリオ ゲームをプレゼントしてくれた友人に感謝。

で、驚いたのが意外とママが強いこと。私がゲームで負けることはないはずがない。しかも相手は子供時代にゲームをやってこなかったママだ。
なんだけど、私もやりこんでる息子も3回やっても歯が立たない。どうしてだっ!?後ろを振り返ると普通にやってる感じ。全く意味が分からない。理解が出来ない。というか逆にどうして私は今までこんなに自信があったんだ!?







2020年01月24日「家の改装前に、部屋の片付けのために蔵の中を掃除中」

○洗濯物干し
×1000クボタ建設見積もり
×通帳記入
レイさんに農地聞いてみる 鹿害
○アルお迎え





家の改装前に、部屋の片付けのために蔵の中を掃除中。古いものがたくさんあって面白いんだけど中には何に使うかわからないものもありまして。例えばこれ何?

げたスケートというらしく、長野県民の中では常識らしい(笑)


味噌、醤油づくりに使ってたのかな。大きめの木樽。

2020年01月22日「東御市のブロッコリー講習会へ、42歳、無趣味だけどやるべきことは多すぎるおっさん」

〇0835ブロッコリー講習会
〇地域の大工さんにイメージ原画渡す

分かる人いたら教えてください。本で物語を読んでいくと途中で選択肢があって、例えば 後ろから石が転がってきたどうする?1走って逃げる64ページへ 2受け止める12ページへなどの選択肢があって、選択肢によって物語が変化していく内容の本です。子供に読ませてあげたいんですがこのジャンルの本の名前が分かりません。分かる方お願いします。とツイッターに書いたらすぐにお返事いただいた。ゲームブックというらしい。へぇー。全然忘れてた。


東御市のブロッコリー講習会へ
長和町の農業仲間と行くことになった。「東御市は若い人が多いし斬新で画期的な情報をくれるかもしれない」というおっさんなりの思い込みがあるし。

ちなみに参考になる情報が3つくらいあった。
・冬越えてすぐにすきこむおとり作物としてはほぼ効果がない(ヘイオーツ、ライムギ)
・ブロッコリーの価格相場はもう上がることはない
・品種おはようは病気に弱い

農業仲間とあぁだこーだは無ながら佐久のお店でランチしたあと、青木村の農業仲間も加わって丸子のマックで3時間近く話してた。話題は農業のことばかり。よくまぁこんだけ話せるわってくらい。

今後もいろんな情報や経験を糧に、私なりの持続可能な農業を模索していく。今年の「輪作チャレンジ2020」がブロッコリー栽培につながるかどうか。冬場のおとり作物のように意味がないなら違う手を考えるしかない。とりあえずトラクター欲しいっす!


42歳、無趣味だけどやるべきことは多すぎるおっさん
しかし最近気づいてきたのは、自分の人としての他の人との価値観の違い。

・「儲けたい」欲望はあるものの人を雇ってまで大規模するイメージはない
 →農業は雇用せねば海外旅行に行けるくらいの利益は出ない。それは分かってるんだけど、どこかで人様を「私自身が抜け出たいと思ってる自給」で雇うことに罪悪感があるかも。でも人を自給で雇用せねば利益は上がるはずはない。

・機械化も苦手
 →自分や自分の仕事のためにお金を使うことが苦手である。仕事上必要なものは買えるけど、なくてもいいもの、そこまで劇的に変わらないものはなくてもいいと考える。でも農業は機械化せねば年収250万円の壁すら超えられないだろう。その辺はやってみてよく分かってる。

・自給自足が好きだが時間ばかりかかって金にも食費にもなってない
 →自給するということは作った作物を保存しておく場所や冷蔵庫が必要になる。加工する手間もある。 奥さんが外で働きだせば調理する時間も減ってくるし買ってきた方が合理的になったりもする。結局だめにして処分したりしてることも多いのが現実。


・エコロジー精神が身にしみこんでるので頼まれてもないのに物持ちが良い
 → 洋服などは駄目になるまで着るのでもう10年近いものもある。駄目になった後は出来れば雑巾として使いたいとか、靴下を切っててっこにするとか考えてしまう。それで在庫が増えてごみが減らない。

・お金を使うのが極端に苦手
 →こないだ息子が入院して奥さんも付き添い入院になったとき、久しぶりにスーパーで買い物をしてドキドキした。昼飯がどうしても必要になったときや、友人とや子供や奥さん一緒に居るときには買う。人といると不思議とケチモードは解除されるんだけどね。一人で買い物するのは年に一度あるかないかのレベル。我ながらすごいと思う。。


まとめると、私はお金にならない自給自足を好きで続けるからいつまでも年収300万円程度で、その少ないお金も奥さんと子供たちに全て費やし、服が破けるまで着てるわけだから汚れた服を着てるわけだ。

海外旅行にも行ったことないし、みんな大好きキャバクラにも人のおごりで2回しか行ったことがないし、風俗には一度も行ったこともない。パチンコや競馬などの賭博は一切やらないし、たばこも吸わない。テレビもほぼみないし、新聞も読まない。雑誌も本もマンガもこの5年間は1冊も買ってない。こんな感じなのに宗教に入ってるわけでもない。ないないない。

良く言えば、「田舎暮らしを楽しんでますね!」とか言われるのだろうけど、悪く言えば無趣味、下手をすれば「あのごめんなさい、何が楽しくて生きてるの?」と聞かれかねない。


こんな自分を変えたい気もするし、このままを貫きたい気もする。だから前にも後ろにも進めない。既婚者でもうモテる必要が無い男って大体こんな感じなんかな。こんな感じの自己分析。

2020年1月23日

2020年01月20日「猫さんたちを去勢した、上田市内でおしゃれ建物巡り」

○ネコ去勢
×部屋片付け

猫さんたちを去勢した
とうとうこの日が来た。考えないようにしてた。罪の意識から考えないようにしてたけどそんなものは現実逃避だ、と分かってる。

今日、上田市内の動物病院で猫たちを去勢した。保健所からもらってきたときに「去勢してくれるなら差し上げます」「はい、わかりました」と約束したから。保健所から貰ったのは殺処分を待つ猫たちを救えるからというのが大きい。(ペットショップで買うお金がないからも理由の1つ)

書かせてもらえるならば。そもそも私は「人間の家の中以外で妊娠できる猫は歩いてはいけないルールや常識」が理解できない人間だ。どうして地球上で妊娠可能な猫は保健所の許可なしに生きてはいけなくなったんだろう。どうしてこのルールに人間たちが納得が出来たんだろう。

ルールが出来たのは猫エイズのまん延のせいだろうか、数を増やしすぎる猫おじさん&おばさんのせいだろうか。もし猫や神様に「人間は増えすぎたから、今後は去勢した人間しか地球上で生きることを許しません。」と猫たちに去勢されたとしたら、私たち人間はどのくらいが納得できるだろうか。猫の中にも「それはおかしいニャ」と言ってくれる奴は居るんじゃないだろうか。

去勢の理由が、猫の病気がまん延したから、だとしてもおかしいって。だって病気になったとしてもさ、生まれてくる権利はあるじゃない。病気になってからだって幸せな猫もいるかもしれないじゃない。

増えすぎたからという理由なら一番排除されるべきなのは人間じゃない?もし地球上の生き物に多数決を取ったら駆除されるべきは人間でしょう。他の生き物ならぶわっと大量発生したとしてもそれを食べる捕食者が現れたり、それこそ病気がまん延して数が減るじゃないか。それが自然の摂理なんだけど、地球上で弱いくせに最強になった人間にはそれらが当てはまらない。だから問題なんだ。


クロ、術後、20時を過ぎても起きあがらず。由紀ちゃんが指に水をつけて飲ませても口からこぼす。私はそれを見ていよいよヤバいと思い、ダメ元で「秘蔵のキャットフード」を見せて見る。すると明らかに違う反応!これはイケる!(食欲がある!)。立ち上がってエサの容器までフラフラと足をひきづって歩くではないか。家族全員で見守る中、食べるではないか~!良かった、とりあえず食欲があれば大丈夫。ほっ。

夜中になったらもう飛び回ってる。動物って強いね。元気になってくれてありがと。子供を作る能力を人工的に奪ってごめんって気持ちは私の中でずっと持ち続けていくよ。


上田市内でおしゃれ建物巡り
おしゃれな建物にするためにいろいろな素材を見ておかなくてはということで上田の町中を歩いたり、住宅展示場でサンプル探し。ちょっとお目当てに近い感じの建物は無かったけど、やっぱり自分でやらなくちゃなという覚悟に繋がって良かった。

上田市内の住宅展示場

ランチはお気に入りのお店エベレスト。安くてとてもおいしい。

撮影した写真をいっぱい掲載したいんだけど、パソコンの不調ですぐにスマホ内の写真が読み込めなくなっちゃう。残念だなぁ。今、奥さんの夢の実現のために向かって走ってます。「形にするぞ」が合言葉。あと1月で本格的な農作業が始まるのでそのときまでが私のリノベーションチャンス。どう転んでも、形にするんだ。自分のために。

2020年1月21日

2020年01月19日「今年も長和町消防団出初式に参加!」

○0830消防出初め式 法被、長靴、シャツ
○農地のことで中組のTTさんに電話 →農家のTさんに貸してるとのことで要連絡
○大工さんに見積もりのお願い



今年も長和町消防団出初式に参加!
本日は消防団の出初式。昨夜、ラッパの班長さんから電話連絡いただいた内容だと、法被、Y シャツ、昔のデザインの長靴、上履き持参で、場所は長門グラウンドで行うらしい。

私が所属する第6分団の集合場所は和田の詰所に8時半に集合と聞いたんだけど、現在7時半で何やら誰か集まってる音がする。班長クラスや機械班の人達は早めに集まって車の整備やらをしているんだろう。えらいぞ、消防団。

というわけで出初式に参加。旧長門町役場から長門グラウンドまで行進。消防団がない町からやってきた私としては「私はなにやってるんだろう」という思いもどこかにあるんだけど、少なからずギャラリーも居るし、なにより子供がたち見てる。私的にしっかり行進した。うちの子は8年後に入ってくれるかなぁ、消防団。私が楽しそうにやってることがキーポイントだろうな。


午後からはラーメン屋さんどさんこの2階で飲み会。これが田舎のコミュニケーションだい。基本的には消防団の人の話、ゲームの話、そんな中この地域を盛り上げたい、この地域でお店を開きたいと熱く語る空気の読めない私。でも小学校や保育園の人数が減ってることも、子供が居なければ意外と知らない若者も居て、話した意義はあったかなと。やるなら工事を手伝うよって人も居てくれてThanks!

地域を守れ消防団のお疲れさん会

いつでも地域を盛り上げるのは若者、馬鹿者、よそ者。私はもう若者じゃないけどやるよ。ここまで過疎してきちゃったら、もう失敗しても失敗じゃないでしょう。リスク背負ってでも地域を盛り上げようと頑張る人をバカにするやつほどずっとお馬鹿でしょう。子供たちのために、子供たちが残りたくなる街づくりを始めよう、おっさんたち。