2019年11月21日

2019年11月21日「可愛い猫たちの現実、不思議発見!大規模農家だとこの悪臭も許されるの?、邪道だけどニワトリ小屋1のビニール囲い」90点

えー、本日の私の行動。ニワトリの世話、多面的機能組合バイト、卵収穫、鶏小屋1のビニール張り、鶏小屋2のビニール張り(途中)。90点ってとこか。米ぬかゲットしようと思ったら紙袋忘れるというヘマをやっちまって点数が伸びなかった。あと16時過ぎると寒くて駄目ね。管理機の準備をしてブロ畑に米ぬかまいて耕耘しなきゃ。稲わらを貰いに行かなくちゃ。すべては来年の為。あ、そろそろ2020年の目標考えなきゃ。


可愛い猫たちの現実、でも試練の日はやってくる
猫たちは元気いっぱい。猫たちも子供たちもとても可愛いくてしあわせとはこういうことを言うんだろうな。 だんだん家に馴染んで来てて子供たちに寄り添って寝てたり、こたつに入って寝てたり。爪とぎとトイレだけはしっかり教えなきゃなー。あとネズミ対策部長の役割を頑張ってもらいたい。

で、保健所から貰ってきたのは命を助ける意味で良かったけど、4か月後には去勢しなくちゃいけないとのことで。命を生み出す機能を人間の都合で排除することが正しいとは思えない私としては、辛い。いや、私じゃなくて猫たちが辛いだろう。でも、そういう約束なので仕方ない。けど可哀想。
あぁ、かわいい。

確かにこの家の周りは隣の家が野良猫に餌をあげちゃってる関係もあり(こないだNPOの人も指導に来てた)、ノラの数が多くて、実際、前に飼ってた「ととら」は敷地内に入り込んでくる野良猫たちに毎日傷だらけにされて死んでいった。増えすぎた動物はコントロール出来ないことも今なら分かるから。やるよ。本当、ごめんね。


不思議発見!大規模農家だとこの悪臭も許されるの?

本日の用水工事。古町地区のバイパス沿いの用水路の目字詰めをしてたんだけど、悪臭が酷くて驚いた。いやドブが臭いんじゃなくてこの近くに(といっても200m離れてるんだけど)置いてあるおそらく動物性の糞が発効前なのかな?これだけ離れててこれだけ臭いなんて。何度でも「臭っ!」と口に出してしまう強烈さ。こういうのも大規模農家になると許されるんだろうか、それとも誰も何も言えなくなるんだろうか。そこんとこ不思議。米ぬかと籾殻でも居れてかき混ぜてからブルーシートかければ発酵始まるからやってみてください。



邪道だけどニワトリ小屋1のビニール囲い
うちの鶏小屋は側面を金網で囲ってあるんだけど、それは自然養鶏の風通しを良くするため。1パック100円卵を作るためののウインドレス養鶏と真逆な感じ。だけどここ長野県の標高750mでは冬場、あまりに寒すぎて可哀想ということで、育苗で使ったビニールを側面にあるだけ張ってやった。これでちぃとは風をしのげるかな。あぁまた今年も飲み水が凍ってずっと解けない冬がやってくるんだ。大変だけど、でも養鶏だって私がやりたいからやってるわけで、だから続けられる。本人がやりたいということ、これが本当の持続可能ってことなんだろう。

2019年11月20日

2019年11月20日「エゴマ油の健康性を信じて作付ける、長和町の寺上地区では鹿柵対策部長が居る」90点

多面的機能組合バイトも今日で8日目。ということはあと12日で終わるということだ。それが終わればハイピッチで果樹3000本のわら巻きを進めなきゃいけない。といっても今年は弱い木だけ巻く予定。今日はバイト後に草刈と薪割をやれたので90点。

エゴマ油の健康性を信じて作付る
耕作放棄地の有効利用についてずーーーーと考えてきた。やる気のなくなったか体が動かなくなった農家、もしくはくれるというから親から受け継いだけど何も作る気がないサラリーマンが持てあました農地は耕作放棄地となり、遊休荒廃地となり荒れていく。ここ長和町では20年もほったらかした農地がゴロゴロ。これをどうにかせにゃあかんと。32歳の頃から考えてた。

その答えの一つがワイン。6次化産業で価値を出せるし、傾斜があっても水が無くても育って、もちろん連作出来る。しかしそれだけでは足りない。ワインが飲めない人も多いし、ワイン造りで妥協しないためにも他での収入があったほうがいい。というかそれは実は人前で話すための内容で、本当の本当は、ワイン畑作りで必要なパーツの1つとして手数を増やしたい、が本音。言うなればおいしいワイン作りのための作物を考えてた。


で、目を付けた1つがエゴマ栽培。圧倒的な健康食品で、加工して油になる。大きいのは私の目指す無農薬栽培が可能というところ。2年間栽培に関わってきて、私のワイン畑造りのパーツにピタリと収まる手ごたえをつかんだ。

ここを見てる人たちだけに書くけど、そらいろ農園のワイン畑づくりのパーツはいくつかもう揃ってて、それは「養鶏、薪ストーブ、ハーブ、手づくり農薬、木の支柱」。まだまだそろえなきゃいけないパーツがたくさんあるけどね。養蜂も必要。ちなみにエゴマはこの中だと「ハーブ」に入る。

そんなわけで「続けられるエゴマ油」を製造、販売するのでよろしくお願いします。続けられるのは良いものだけどお値段が控えめだから。1日小さじ1杯で体が変わっていきますよ。(私も続けてます!)

長和町の寺上地区では鹿柵対策部長が居るとのこと
中組区では総代二人と区長、副区長の4人で鹿柵の補修をすることになってる。でも体力があると思われる30代と40代が3人もいない現状で、どうやって補修をしていくのか。はっきりいって無理だ。そこで今日、他の区の方に聞いてみたところ、寺上区では鹿柵対策部長という役割を作り、彼らに鹿柵の点検、補修を任せているというのだ。手が足りなければ集合をかけることもあるけど、実際に動ける人が専業でつくことで、鹿柵に倒れ掛かった倒木を10本切って、鹿柵を張りなおすだのいう荒行が実践できるわけだ。ふむふく。中組でも提案してみよう。変えたがらない人が多いけど、このままじゃ年金問題のように壊れてしまうもんね。

2019年11月19日「長和町役場よりIターン取材~長和町においでなんし移住大作戦~」50点


19日(火)は、ニワトリ世話、ごみ出し、洗濯干し、長和町Iターン取材、多面的機能組合バイト(午後のみ)、米ぬかゲット、籾殻ゲット、といった感じ。この他に薪風呂焚きとおむつ替えも入る。40点+籾殻と米ぬかゲットしたので50点ってとこか。

長和町役場よりIターン取材~長和町においでなんし移住大作戦~
「長和町で田舎暮らしを家族で楽しんでると言えば阿部一家」ということで、役場の地域おこし協力隊の方から取材を受けることに。私もこの取材を受けるために今日のバイトは午前休みを貰うという間違った気合の入れ様(笑)。来てくれた方も消防団の第6分団の仲間だったり、息子の同級生のパパだったりとという世間の狭さよ。でもこれが長和町の強みでもあるよね。

田舎暮らしを始めたきっかけから始まって移住者を増やすためには?長和町の本当の魅力とは?などなど熱く語った。1時間の取材のはずが3時間近く。どうやったら町が盛り上がるかを話しててここポイント!と感じた点があったので書き出してみる。

・住民の数が少ないからこそ目立てる!
長和町の人口は約6000人で今後も減っていく。 若い人が少ないから、そこに居るだけで重宝される、輝ける。60歳でも若いと言われる。人が少ないから思い切りチャレンジできる(少なくても農業では)。だからおいでよ長和町。

・何もないから、何にでもチャレンジできる!
 例えばね、夕張でトマト作っても正直、なんだかなぁ感はあるじゃない。もし長和町が〇〇の産地だとしたら、それを作ってみたら?とまず言われるだろう。でも長和町にはこれ!といった特産品がない。いろいろあるけど柱がない感じ。それは考えようによってはダメだけど、逆に捉えてみれば何を作っても自由ということ、いろいろあっていいってこと。だからいろんなものにチャレンジできる土壌があるってこと。これ強みね。

ワインだってそう、今までヴィニフェラ(ワインのためのブドウ品種)でワインが作られたことが無い土地からこそ、誰だろうと否定ができない。出来上がればボロクソ言われるかもしれないけど、今現在は、可能性しかないわけよ。どうなるかは神様だって分からないんだから。

 ・長和町はまさに今、盛り上がろうとしている!
私たちが移住してきた7年前はこんなに若い人が動いてなかった。でもいろんな場所で若い人たちが集まって何かやろうとしている風潮がある。物作りする人、お店を開きたい人、農業を熱く語る人、お祭りを盛り上げたい人、みんなが未来の盛り上がりの種をまいてるとこ。これは来るぞ、と。

2019年11月18日「ブログの反響アリ、ワインの名前が決まらない」90点

18日(月)はニワトリの世話、薪割り、多面的機能組合バイト、コイン精米所で米ぬかゲット0.5袋、干し柿を軒下に移動、次男を保育園までお迎えに、という内容。本日の自己採点は90点。一応基準値として8000円以上稼いだ日か8時間悔いの内容に働いた日は80点。そこから更にいろいろ頑張ると点数が付く。出来れば毎日90点以上でいきたいな。

ブログの反響アリ
ブログを読んでくださってる方からメッセージを頂いた。ありがたいこってす。1日3000人見てくれるブログより1通のメッセージで繋がれるブログのほうが有意義。というか今時ブログだなんて、この時代錯誤感たるや。でも人がやらないことをやって続けるのがこれからは大事だ。

ワインの名前が決まらない
ワインの名前を考えて3年が経つ。最近は「スティール・ボール・ラン」「添い遂げる」「SONOMAMA」「自然派ですみません。ってなんで謝らなくちゃいけないねん」などを思いついたけどどうなんだろう。私のワイン造り、というか農業、というか人生のテーマは大雑把に言うと以下の通り。これらが分かる名前にしたいんだけど。。

1.持続可能
2.自然派
3.息子(未来)に繋げる
4.仕事を面白く
5.地域(長野県長和町)を盛り上げる

来年にはワイン出来ちゃうからもう1年切ってる訳で。急がなくちゃ。フランスのロワール地方、プイィ・フィメにてソーヴィニヨン・ブランから作られるのアレクサンドル・バンの「ピエール・プレシューズ・サンスフル(大切な我が子ピエール)」なんて良い名前だよね。

ちなみに今、畑のブドウは落葉してこんな感じ。
この区画は来年は少し収穫出来そう。頑張れってくれよ。

2019年11月18日

2019年11月17日「台風19号の被害状況の確認作業、和田小学校5年生の稲わらを頂きに」

台風19号の被害状況の確認作業

長和町中組の山の中
 今日は区の総代という役割のもと、台風19号の被害状況の確認作業へ。朝9時に集合して12時まで山の中歩きっぱなし。総代になってからのこの2年間、一体丸何日時間をとられてるだろう。地域のために役立ちたいという想いがあるから集会や活動に参加してるけど、中組区の区の活動に全く来ないおっさんも多いことを考えると、、週に一度しかない休みに自分の仕事が出来ないことや子供たちを遊んでやれないことが悔しかった。真面目な人間が損するルールってのはぶち壊さなきゃいけない、次の世代が嫌なことは残せない。つってもあと20年経たなきゃ話聞かないだろうな。

台風19号で破壊された鹿柵
 鹿柵はこのレベルで破壊されていて修復不可能。それでも5月の点検のときは私がチェンソーで6本、鹿柵にもたれた倒木を切ったんだ。ひやあせかきながらね。そのときは区から燃料代として2000円頂いたんだけど、もうチェンソー使える人も少ない&高齢化が進んでる中、数キロに及ぶ鹿柵を区の総代になった人間が無償で管理していくのは難しい現状なのを理解してほしい。というか2000円もらったって1万円もらったってやりたくないんじゃないかな、私以外は。毎年役割として鹿柵チェックチームを作ればいいんだよね。

和田小学校5年生の稲わらを頂きに
説明を追加
和田小学校5年生が、種まき、田植え、稲刈り、脱穀までを行った田んぼ。こないだ収穫祭があった。(私は仕事で行けなかった!)。そこの稲わらを貰えるとのことで頂きてきた。3330本くらいあるワインブドウや果樹やユーカリに冬場巻いたり、自給野菜の敷き藁にしたり、ニワトリの産卵するベッドにも使えるね。ありがとう。思いがいっぱいつまった藁を大切に使うね。


ちなみに、収穫したお米をいろんなところで売ってるのだけど、それも教育の一環にはなると思うけど、うちの子はもっと食べたいと言っていたよ。収穫祭で一回食べただけってのは寂しすぎる。育てた子供たちが食べてこその教育だと思うし、農業のありがたみや楽しさも分かるし、当然食べたいと思うだろうと思うんだけど。どうでしょう?




実はうちは猫を飼い始めました
実はうちは猫を飼い始めました。写真が出せないのが残念だけど。るる、ととらに続いての3回目の猫飼い。私の「猫」はもうととらで完結してて、あいつが猫そのもので。あんな奴はもう居ないと思うし。もう心は夢と家族で満たされてるからさびしくもないし。

でも家族は飼いたいようで、「今日、保健所に見に行く」と聞いたとき、あ、これは今日連れてくるなと分かった。10年も付き合ってると分かる。こういう時のスピードはピカイチだ。その日は一人で夜20時過ぎまで待ってて、で、やっぱり連れてきた。「実際に飼う前に一度聞いて欲しいんだ」というのが精いっぱいだった。ともあれこれから10年ヨロシク頼む。

2019年11月16日

2019年11月16日「古町多面的機能組合での私の仕事内容」

鶏の世話、多面的機能組合バイト5日目、金山0の籾殻まきの続き、風呂と家の薪割、そこから雑穀研究会のエゴマ選別、電動唐箕回収。そんな13時間労働な1日。

古町多面的機能組合での私の仕事内容

多面的機能組合のバイトは集合場所が長和町古町地区に移動になったので家から12分かかるようになってしまった。和田なら4分で着いたのになぁ。この8分間で本当いろいろ出来るのに。ちなみに100羽分の草刈りなら1分30秒で出来ちゃう。2日分の薪割は2分間で。1分も無駄にしてません。

今日の用水工事の現場@長和町立岩地区。
 ブドウの樹を植えてから、この町に骨を埋める覚悟が固まった気がする。そこからは長和町内で作業しているだけでなんというか意味を感じてどこか楽しくなるようになった。地域愛だなぁこれ。息子が残ってくれるといいな、そんなことばかり考えてる。


ちなみに長和町の古町多面機能組合は、このような地域(長和町)の田んぼの用水等の修復を、国の予算を貰って地域の農家が行っているチームなのである。土木のプロが日当三万円もらってやるような作業を自給1000円でやっているわけで。

 私の作業のメインはこういうU字溝の目地を、

このようにグラインダーでカットする。ここに目地材を入れて補修完了ってわけ。これで水漏れが減って、みんなの田畑に水がいきわたると。

ここ5日くらい、奥さんが頑張って弁当詰めてくれてる。意地でもコンビニで弁当を買わない人なのでとても助かります。ありがとう。

2019年11月15日

2019年11月15日「頑張れ鶏娘さんたち 、和田は正直、寒いと認めざるを得ない、ブロッコリー後の土づくりは時間がかかる」


頑張れ鶏娘さんたち
寒くなってきた&日照時間が短くなってきたのでニワトリ達の産卵数がグンと落ちてきた。毎年のことなんだけどね。ウィンドレス養鶏だと空調で温めちゃう&照明で日照時間は変わらずなんだろうな~。う、うらやましくなんかないぞ。

…とはいえ。他の農法の方と比べちゃいけないけど、向上心としての当社比はしていかなきゃと考えてるので、今日、1000円かけてコイン精米所ではざかけ籾米を精米してきた。これを与えたらちょっとは増えるだろうか。目標60%は達成したい。これはプロとしての意地だ。もちろん、精米と一緒に循環生活のための米ぬかゲットも忘れない。これを捨てるなんてもったいないって。

和田は正直、寒いと認めざるを得ない
本日も多面的機能組合の用水工事のバイト。和田地区の山際は10時になっても太陽が当たらない。長靴をはいた足の指が痛くて顔がゆがむ。メンバーは私以外全員が和田地区以外の古町や長久保から来てるので和田のコメは食えないだの、寒くて住めないだの、言いたい放題(笑)。その度に私は「夏は快適ですから!」とか「和田小学校の小学5年では和田ではおいしいお米が出来ますと教育してますから!」と全力でフォローしてる。とはいえやっぱり日照の差は農業では大きいと感じてる。

午後からは古町に移動しての作業だったんだけど、悔しいながらも、やはりダントツに暖かい。暑くて長靴の中が汗をかいて気持ち悪かったくらいだもの。同じ町なのにこの差はなんだっ!でも私が長野県の中でのこの長和町、その中でも和田地区を選んだのは神様のおぼしめしだろう。私がここに召喚される意味があると信じて頑張るっ!

ブロッコリー後の土づくりは時間がかかる
バイト後に30aの元ブロッコリー畑にもみ殻をまく作業の続きを。見えなくなるまでやったけど終わらなかった。まだまだ先は長い。。でも必死にやるぞ。前作で土づくりは大切だと思い知らされたものね。この秋にもみ殻を入れて、春に完熟たい肥を入れる。時間をかけてでもやる価値があると思う。あ、電話して、こないだ農地を貸してくれると言ってくれた地域の方に、本当に借りれるか聞いてみなきゃ。