2012年4月30日

とある日の畑で


(息子と虫とりをしてる私の後ろ姿)

おはこんばんちわっ。移住してから毎日を無駄にしないよう、楽しみながら頑張っております。まだまだ夢の途中ですが精一杯生きてるので、今日もし死んでも個人的には悔いはありません。(残していった奥さんと息子に申し訳ないとは思うけど…彼女たちなら楽しくやっていけるだろう)。

さて、畑しごと&家畜さんたちの世話&DIY&ゴミ捨てなどは私の担当です。ご近所の絵に書いたような毒舌なご老人に馬鹿にされたり、また違うご老人には応援してもらったり(昨日もポテチをもらった)しながら進めてるわけですが、基本的には人と話すのは1日に5分程度。孤独な作業となっております。ご近所の方たちは畑しごとにしろ大工仕事にしろ、話しかけてはくれるものの、どこかで思っていた「ちょっと手伝ってあげるよ」的なものは全くありません。このあたりはちょっと夢を見ていたかなと思ってますが、まぁそれはそれ。とにもかくにも孤独な作業なわけです。

そんな中、このGWに奥さんが今季初、といいますか311原発事故から一度も畑に来てませんでしたので1年ぶりとなりましょうか。種まきと定植を手伝ってくれました。うれしいんですよね、こういうの。



畑で家族で会話を出来ることがうれしいし、1人だとこういった写真も撮れないわけですもの。


作業中、嫁さんが家に戻って飲み物と焼き菓子とお菓子を持ってきてくれました。これには息子も大喜び。どんなものでも外で食べるとおいしいんだよね~。これが自分で種から育てたトマトで作ったトマトパスタだったりスイカだったりしたらもう想像するだけで「最高っ!」です。小さいけど私の大きな夢ですね。


疲れて寝ちゃった奥さん。実は私も2週間くらい前に、畑で横になって寝たことがあります。これが気持ちいいんです。この人なくして今の私はありません。パソコン&ネットだけのくだらない人間だった私にいろいろな本を見せてくれ、自然な暮らしの良さを教えてくれた人です。

せっかくのお休みにありがとね。元気をもらいました。

奥さんのためにも、夏には野菜を大爆発させたいと思います。 ただし自然農なので収穫量は少なめだけども、それでも腹一杯食べて1年分の保存食が作れるくらいは。有機野菜生活スタートです。

0 件のコメント:

コメントを投稿