2015年5月10日

霜注意報発令!苗を守る戦いです。

そらいろ農園あべっちです!緊急速報です!
長野県長和町で本日(2015/05/10)の夜、最低気温が2度になります。3日前は予報では最低気温が5度だったので油断してましたが先ほど見ると変わっていたんです。ぶったまげました。これはまずいです。
ビニール苗床の様子。先月撮影した写真です。
 出来る限り自家採取して種まきし、毎朝ビニールトンネルを開け閉めして2ヶ月間水やりし、愛情いっぱいで育ててきた1000の苗が凍みてしまったら…ヤケになって出家することはないでしょうが、脳天気な私でもちょっと本当に立ち直る自信がありません。



そんなわけで、18時から急遽、米ぬかボカシを新たに作り始めました。これをビニールトンネルにいれることで1度でも0.5度でも温度を上げるのが狙いです。真っ暗な中、6歳息子も手伝ってくれました。一昨日作って温度が上がっていたボカシも投入。合計125kgの熱源です。

さらに毛布をかけて準備万端。息子には「もしこれで凍みてもやることをやったからもし明日の朝苗が全滅しててもパパは胸を張れるよ。だってやれることは全部やったんだもの。神頼みも良いけど神様は気まぐれだからね、自分でやったほうが後悔はないよ。」と伝えました。きっと意味が分からなかったでしょう。

今年2015年の霜は今日が山場だと思います。今日を乗り越えられたらもう心配要らないでしょう。必ずこういう日があるものです。そらいろ農園、勝負の一日。さぁどうなりますか。


気象庁 | 気象警報・注意報
http://www.jma.go.jp/jp/warn/322_24.html

1 件のコメント:

  1. 自然との共存は厳しいものですね、あらためて感じます。

    以前、ボートを運ぶバイトをしていました。陸から運ぶのではなく、回航と呼んでいる海上自走して運ぶ方が経費が安いのです。お客さんは当然安い方がよく、またエンジンの慣らしや艇体の不具合を確める作業を業者にしてもらうことが出来ますから。

    でも、最初に楽をしたとしても、いつか苦労に遭遇し、お金で解決できないことのほうが人間社会には多い。自らが乗り越えなければならないことが多々あるでしょ?正直、泣きたくなることもありますが、これも糧だと思うんです。

    UWは海上信号「貴船の安全なる航海を祈る」の意味で、嵐の時などもUとWの旗を掲げ励ましてくれます。
    助けたくても助けられない状況、これは日々の日常でもよく体験しますよね。

    そんな状況下、わたくしは貴船に対しUW旗を掲げ、獅子奮迅の努力を心から応援します。


    http://www.benricho.org/symbol/flag.html

    返信削除