2015年8月30日

うれし涙は息子がくれました

うれし涙。
悲しいときや悔しいときに涙が出てくることはあります。でも息子の成長にじーんとして涙ぐむことはよくあれど、うれし涙ってのはそうそう流せるものじゃありません。

私は37年の人生で3回だけです。

1度目は奥さんの妊娠が分かったあの日。場所は当時住んでいた千葉県市川市の借家の小さな家の台所のコンロの前。奥さんから報告を聞いたあと、ひとりで夕食を料理を作っていた時に嬉しくて泣きました。正面の窓から夕陽が差し込んでいたのを覚えてます。命をつないでくれた今は亡き親父に「ありがとう」と口にしてました。

2度目は息子が生まれた6年前のあの日。夜22時過ぎに病院に呼ばれ、分娩室に移動する奥さんを見送り、1人病室で奥さんの痛みと苦しみを想像して息苦しくなり震えてました。

うれし涙が出たのはその30分後、分娩室で彼が生まれるのを見守り、1人で病室に戻ってきたとき。「がんばったね、ふたりとも…」なんてことを小声で言いながらうれし泣きしました。これから始まる新たな人生に心の温度が上がりました。


そして3度目は今日、2015年8月29日でした。
息子の描いた絵がコンクールに入賞したとのことで長野市まで見に行きました。えんやこら片道60km。奥さんからカブトムシの絵だと聞いていて大好きなカブトムシをどんな風に描いたんだろうとワクワクしてたんです。

でも会場で先に見た奥さんが 「カブトムシじゃなかった。パパもびっくりするよ」 って。

そこには人の絵が。タイトルは「おとうさん」。私のことを描いた絵でした
なんてサプライズでしょう。周りに人が居るのに、涙があふれてきました。
頭は真っ白なのに心が満たされていっぱいで、どんどん目からあふれてるこの感じ。
とびきりの、6年ぶりの、うれし涙でした。

時間を置いてからよく見ると周りには私が頑張って作ってる野菜の絵が。
好きなものを書いていいよと言われたのに無限のモチーフの中からを私を選んでくれたこと。


あぁ、世界一の幸せ者です、私は。

携帯で写真を撮影したのですが、今、それをちょっと見ただけでじわわわっと涙がこぼれます。
今日のことを10年後も50年後にも少しでも鮮明に思い出せるように、忘れないように、書き残しました。


▼これまでの息子の作品(6歳)









0 件のコメント:

コメントを投稿