2016年7月31日

そらいろ日記2016年7月30日(土)結婚7年目の田舎暮らし夫婦のデート

毎週土曜日の午前中は疲れと甘えで動けなくなる。朝7時、朝日を浴びて初めて体を起こせるけど体中の筋肉痛と腰の痛みをベッドの上でマッサージして和らげてからの起床となる。これから山羊の乳しぼり。鳥たちのご飯も仕込まなきゃ。ビーバーの刃を買い足してそこから田んぼの耐久草刈りが始まる。

朝、奥さんに髪の毛をカットしてもらった。髪の毛を奥さんにカットしてもらうようになって6年くらい経つかな。失敗することもあるけどそれも味になる。

今日は奥さんとデートがてら買い出しとランチへ。ワインぶどうの研修が始まって以来、2人きりで行動出来るのは千葉のばあちゃんに子供を預ける夏休みの数日間だけになってしまった。私の人生の中でこの最愛の人と過ごせる時間が一番大切だ。この時間をもっとつくれるように頑張ってるつもりだ。

さて、私はビーバーの刃が欲しいだけなので本日のデートコースは奥さんに決めてもらう。

上田市丸子の本屋DE喫茶店のまるさんかくしかく堂
まずは上田市丸子の本屋DE喫茶店のまるさんかくしかく堂さんへ。奥さんが商品を置いてもらってるのでその補充なにかを兼ねて店長さんのN君を紹介してもらった。彼はとても気さくな男で長野での田舎暮らしを思い切り楽しんでる様子がトークから伝わってくる。


素敵な店内でアイスコーヒーを注文して店の本を物色、奥さんから聞いていた通り狭い趣味の私がピンポイントで読みたくなる本が多かった。それにコーヒーを飲みながら本が試し読み出来るてのはいい。うちの小遣い制が復活したらちょいちょい立ち寄ってしまいそう。

それにN君野菜作りや狩猟や薪生活など共通の話題も多い。田舎暮らしを楽しめないと田舎暮らしはキツイと思うからね。それにしても標高1100mで生活してるってのはすごい。うちは750mだからね。全然違うだろうなぁ。

上田市長瀬のケーキ屋さんRURU
その他に上田市のコメダ珈琲で奥さんおすすめのカツサンドを食らい、おいしいケーキがどうしても食べたいということで上田市丸子のケーキ屋さんRURUでケーキを4つも買いごきげんなふたり。お金が続く範囲になるけど出来るだけ地域のお店を応援したいしね。

愛車は坂道を上るたびにものすごい音を出すし、クーラーつけると変な音がするし乗り心地は最悪。だけどそんな道中も彼女と一緒ならハッピータイムに変わる。出会った頃の話を2人で思い出しながらいろいろあった歴史をさかのぼってみたり、年甲斐もなく手を繋いで買いものしたり。好きな人の手を好きな時に握れるなんてこんなしあわせなことが他にあるだろうか。いやないね。

上田市丸子のメルシャンのヴィンヤード。
途中、奥さんに丸子のメルシャンのヴィンヤードを見てもらった。こんな景観の中でブドウに囲まれて生きられたらしあわせだろうねって。もちろん鳥も山羊も野菜も米もその他もいろいろある暮らしになるのだろうけど。

途中下車して滝ノ沢の田んぼの草刈りを進めた。刃を変えたのでスイスイ切れるのが気持ちいい。師匠は刃の代金として5000円も包んでくれた。私が使うのは1つ500円以下の安い刃だけど切れなくなったら数時間で交換するのでおそらく数千円の刃より作業は早いし気持ちもいい。

毎日の食事に感謝しながら奥さんと冷えたワイン(白、サンクルーゼのナイアガラ2015)をお気に入りのワイングラスで飲む。今の時代のこと、これからの私たちの生き方のこと、たくさん話した。驚くことに私たち夫婦に隠しごとが全くない。話すから理解出来るのだ。

明日死ぬかもしれないし今日より若い日はない。今、目の前にあるしあわせを大切にしたい。目の前の人をしあわせにしたい。そのためなら疲れ果ててもまた動けるパワーが湧いてくるのだけど、それは自分自身でも不思議で素敵なことだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿