2016年11月19日

そらいろ日記2016年11月17日(木)息子がマラソン大会で1位、ありがとうヒーロー!

早いもので7歳になった息子。
7歳になった息子が小学校の2年生のマラソン大会で見事1位になった。1.1kmのコースでこれまでの歴代ベストタイムは4分46秒。これを彼は新記録の4分33秒で駆け抜けた。

私の結果をママからメールで知った。「最初転びそうになって抜かれたけどそこからがんばって1位!感動した!」場所はワインの勉強をしているワインアカデミーの建物の中。おっさん、教室の中でうれしくて涙が出てきて、ちょうど昼休みだったので外に飛び出した。彼がどれだけ頑張ったか、どれだけ辛かったかを知りたくて坂道を駆け上がった。

走り出して30秒で息がつまり、足が止まろうとした。頑張れと口だけで言ってきた。ゴールを過ぎたら休めるから最初から全力で行けと熱く彼に語った。実際に走ってそれがどれだけ辛いか分かった。根性だけではどうしようもないなこれは。

おそらく5分で足が止まった。喉から血の味がする。それでも「ゆうき、がんばったな」と独り言を連呼してまた走り出し20分走った。彼は一度も止まらなかったんだ。すごいぞ。

3月28日生まれなのに7歳男子にして145㎝、靴のサイズ24.5。小学校1年生にして小さい6年生より大きかった。何歳の時も誰が見ても年相応に見てもらえなくてつらい思いばかりしてきた。何度大人にバカ扱いされてるのを見たことか。どれだけ子供からいじめられたことか。見た目だけで判断してすぐ口にするんじゃねぇ!生まれたのが1番遅かっただけだ!誰よりも大きかっただけだ!と父親は心の中でずっと思っていた。

お祝いに由紀ちゃんが夕ご飯にお寿司を買ってきた。それをおいしそうに食べる息子。
撮影した動画を見ながらいっぱいいっぱい褒めた。どれだけ褒めてもまだまだ足りない。
ヒーロー!と呼ぶと照れくさそうに笑う。

この1か月、父として先輩としていろいろ話した。
伝わらないかもしれないけどパパの話を聞いてくれとこんなことを話し始める。

どうせやるなら1位を目指せそう、最初から2位を狙うな、5位になるぞ。
今日がんばった体をほめな。頑張ったねってなでな。湯船で温まれば体はよろこぶよ。
全部が細胞なんだよ。頭の脳みそは君だけど各々で生きてるんだよ。なでたげな。
長い手足を使うんだ。地面を強く蹴って大股で。腕を大きくふるといいかもよ。

親の言うことなんて聞くことないと私は思う。でも彼は素直に聞いてくれた。
・・・ありがとう。
忘れない、辛くなったら私も君の走りを思い出す。私も走る。

私も走る!

0 件のコメント: