2017年4月20日

ワインブドウ栽培の行き着くところが密植である


長和町でワインブドウ用の苗床を作る様子
いよいよ本格的に春いてきましたね。標高の高い長野県では日差しが強くなります。風はまだ冷たかったりするんですけどね。さて阿部です。ワインブドウ用の苗を育てるための苗床(なえどこ)を作りました。ピートモスをまぜた土をトラクターで耕したところに黒ビニールマルチを張ります。ずっとやりたかった作業なので心躍りました。

発根促進剤のルートンをまぶす様子
植え付け前、切り口に発根促進剤のルートンをつけます。研修の仕事やいろいろな兼ね合いで植え付けが遅くなってしまったので発芽率が心配なので出来るだけのことはやっておきたいのです。 ルートン、ピートモス、不織布、ロックウールなどで3万円位の出費になりましたが夢のためなら仕方なし。おいしいワインを作れさえすれば大丈夫なのです。



 「ワインブドウ栽培の行き着くところが密植である」

上の言葉は尊敬する山梨県のドメーヌオヤマダの小山田先生が千曲川ワインアカデミーの講義中に言った言葉です。1年も授業を受けているとその言い方や間から彼が強く想っている箇所が分かるようになるものです。私はここが大切だと思ってノートに太い赤線を引きました。

小山田先生が教えてくださったご自身も実践されている現代のワイン栽培のトレンドの植栽本数は一反(1000m2)で500本。これは株間1m(ブドウの樹と樹の間)で畝間2m(通路の間隔)で植えたときの本数。実際には圃場は真四角ではないし、軽トラの入れる通路などを踏まえれば実際には一反400本くらいに減ります。

私は最低20反(2町)のブドウ畑を管理するので、この植栽方法だと8000本の苗が必要になるわけです。かなりの本数です。しかしながら、実は私はこれ以上の密植にチャレンジしてみようと計画してます。

それというのも例えばフランスはサンテミリオンのシャトーアンジェリュスが樹幹0.9mの畝間1.35mで植栽してます。これだと反当り650本~760本の植栽本数になるとのことで現在の日本のトレンドの倍近いのです。

もちろん、ただ日本で超密植をすれば病気に襲われることは明白。それでなくても自然派の私が育てるワインですから農薬をバンバン使うわけにはいきません。なのでそれなりの対策が必要になります。樹の世話も同じ広さの畑でも樹の数が増えればそれだけ手間は増えるわけで時間も取られます。でも、それで少しでも良いものが出来るのであれば苦労は惜しむつもりはありません。

ともあれ、そらいろ農園のおいしいワインにご期待ください。


苗床に挿されたワインブドウの穂木。写真は480本植えたところ。

そんなわけでマルチを張り終えた苗床に480本のワインブドウ苗(シャルドネ)を刺しました。超密植栽培では1反600本の苗をつかうことになるでしょう。必要本数はあと10000本…。とんでもない本数です。仲間との兼ね合いや台木が手に入らない問題もあり今年全て用意するのは不可能っぽくなってしまいましたがまだ来年もあります。おいしいワインのために実現させたいと思います。

あとはちゃんと根付くことを願うばかりです。神様、お願いします!(こんなときだけ神頼み♪)

2017年4月12日

ワインブドウの苗木、いよいよ加温室へ!

お初の方は初めまして。長野県長和町でワイン作りをしている阿部は私だけだと認識してますので、検索の際は「長野のワインの阿部」でも良いですし、呼び方は阿部ちゃんでも阿部っちでも構いません。何でもよいです。呼びやすい愛称で呼んでやってください。以後お見知りおきをお願いいたします。
木箱に収めた接ぎ木したワインブドウの苗
さてさて、ワインブドウの苗作りもいよいよ佳境に入りました。ウイルスフリーの101-14台木に接いだワインブドウの苗木を湿度100%の加温室に入れます。ワインブドウ栽培の先輩方はこの方法で接ぎ木の活着率100%をたたき出したということで期待大です。

私の今年の苗作りの目標は8,000本でしたがなにせ苗不足に台木不足、加えて苗木作りの時間不足。やはり数千本の苗を作るのには時間と手間がかかりるんです。買えば1本1,000円するものを自作するのですから苦労は当然ですよね。でも私の考える最高のワインを作るためには最低6,600本は用意しなければいけません。ベストを尽くすのみです。

加温室に入れてもらうために軽トラに積まれた苗箱達

いよいよ加温室に運びます。
加温室。おコメの育苗で使われてる施設です。
お米で使っている加温室を使わせてもらえるのもJAの2年間の研修を受けている研修生だからこその待遇。ありがたいことです。感謝です。もちろんメインはお米なので1パレット分のスペースに山積み状態ですが文句は言えません。(自作した木箱が重さに耐えられるか不安ですが)

加温室でカルスが出てくっついたらビニールハウスに移動して今度は葉と根を出させます。
いやー、楽しみです。
SSに乗ってリンゴの木にベフランとマシン油を散布する私




JA研修も2年目。今年はブドウやリンゴの防除も完全に我々に任されます。農薬散布は好きではありませんがここは人様の圃場、しっかりと収穫できるように仕事をしていきたいと思います。

散布がうまくなれば使用量も減らせます。なんと一反500Lの規定量の農薬を100Lで済ませてしまう方も東御市にいらっしゃるんです。そのポイントはなんといっても散布のタイミングと散布の仕方と狙う場所。私もそれを意識して経験を重ねるたびに成長していきます。

2017年4月6日

Abbey's Vinesヴィンヤードでの研修

日々充実してます、阿部です。
先日、お隣の立科町のAbbey's Vinesヴィンヤードにて研修をさせていただきました。

こちらでは今まさに垣根のトレリス(支柱などのこと)を設置している真っ最中。圃場が決まれば私も今年から来年には行う作業なので、生きた研修になります。まだまだ経験不足の身、本当ありがたいです。
支柱のアンカー設置の様子

アンカーをしめなおす道具
トレリスとアンカーを立て終わった様子。シンメトリが美しいです。

苗木の植え付け準備。もったいない気もしますがしっかり根切りをします。

マウンドを作っておいてそこに根を広げて植えます。ここでもいろいろポイントありました。

水をたっぷりあげるのも忘れずに。
とても良い経験を積むことが出来ました。いろんな圃場でいろんなやり方を見せてもらい体験させてもらい、自分の圃場と目的にに合う方法を選んでいきたいと思います。 来年の植え付けが楽しみです!

そしてJAの果樹研修も日々勉強になってますよー。

新ワイ化のリンゴの木の誘因作業を進めてます。
狭い場所で育てるために枝を下へ下へ向けます。
剪定や誘因は最初は難しいですが1日、1日と経験を積むことでいつの間にか上達している自分に気が付きます。感覚というかなんというか。いつの間にか意識せずとも枝ぶりを見るようになり、手が動いてる感じです。こんなときはいつも人間の能力ってすごいなぁと思ってしまいます。

研修の中の合間に(作業が落ち着いたり、雨などの日)に自分の苗木を作らせていただいただけたのはとても助かりました。もちろん、土日や放課後も頑張りました。研修先の信州うえだファームには感謝しかありません。


ブドウの苗木づくりもこれで最後です。とある場所から送られてくるはずの1万本の台木がなんと0本!というとんでもない災難に見舞われまして結果、予定していた数が接げませんでしたが、それだけワインブームなのだと前向きに考えるようにしました。

あとはしっかりと穂木と台木がくっついてくれるのを祈るばかりです。

2017年4月1日

子供の8歳の誕生日を祝いました

先日3月28日は小学校2年生の息子の8歳の誕生日でした。8年間、早かった。あの日からもう8年経ったのだなぁと子供のいよいよ大人びてきた顔を見て思いました。私を育ててくれた父親の気持ちが分かります。

そんなわけで生き物が大好きな子のために生き物めぐりへ出かけました。子供の誕生日を理由に一緒に楽しんじゃえるのはありがたいですねー。

高速を飛ばして新潟(直江津港)の海へ。まだまだ風が寒すぎてで5分で退散! 
近くの上越市立水族館へ。
ベニズワイガニ。息子はほぼ、魚介類の大体の名前を当てちゃいます。
すっぽん。食いついたら離れない&精力増強という勝手なイメージを持ってます。
なんだっけこれ。アロワナか。2mありました。

なまずやら。小さく見えるけど1m級の巨体ぞろいです。二度見するほど大きいです。
個人的に怖いのが海のギャングのウツボ。「いんとうがく」という第二のアゴで食事をします。
長和町で養殖が始まっているチョウザメもチェック。こちらは交配種ですね。

新潟ならやっぱり海づくし。お昼もお寿司でしょう!お寿司は奥さんの故郷北海道と私の故郷新潟、そして海に囲まれた千葉県もウマかったなぁ。

近くに動く恐竜が居るという情報をかぎつけたので上越科学館にも行ってみることに。ここ、楽しい!いろんな展示物があります。この時はまだ7歳なのですが、やはりうちの子は大きく、並んでみると頭1つ違いました。流石に12歳の男の子並みです。個性がありますねー。

大人が楽しめる内容だったのですが、お腹の大きい奥さんがかなり歩き疲れてしまった&子供が興味ナッシングだったので足早にスルーして椅子などで休みながら目的地へ進みました。

恐竜の骨!…のレプリカに触れる!レプリカと聞くと急にテンション下がってスミマセン。いやでもすごい大きくて興奮!

そしてこれだぁー!目的の動く恐竜です。吠えてました。本当にあんな声だったのでしょうか。おそろしいですね。彼らにとっては熊がエサでしかないでしょう。(最新の研究ではティラノサウルスの表皮は羽毛で覆われていたとのことです)

子供にとってはホテルに泊まったことですら楽しい経験になったようです。ホテルの狭い部屋でも彼にはキラキラ輝いて見えるのでしょう。ベッドの上で水族館で買ってきた塩ビの魚たちで遊びました。ちなみに私は新宿のビジネスホテルの強烈に圧迫感のある部屋に連泊したサラリーマン時代の経験から狭い部屋はドキドキします。

 お金をあまり使わない自給自足の生活をしているのでこういう一泊の旅行や道中も私たち家族にとっては新鮮です。何より子供が喜んでくれるのが嬉しくて。頑張ってくれた奥さんにも感謝。パパは運転を頑張りました。

新潟から帰ってきて数日後、改めて誕生日パーティをしました。私も仕事で外食も出来ない状態だったのですが、奥さんがいろいろ作って&買ってくれてました。ケンタッキーのチキンなんて18年ぶり以上かもしれません。子供の頃よく親が買ってくれてたなぁ、雰囲気でますねー。

プレゼントはスマトラオオヒラタクワガタにしました。思ったほど高くないんですね。

2017年3月24日

大町市うさうさのプチファーム圃場見学と大町市観光

農的生活が大好きな皆様、こにゃにゃちわ。長野県長和町そらいろ農園の阿部です。

先日はワインアカデミー2期生のワインブドウ圃場を見せていただきました。こういうつながりもアカデミーに通ったからこその宝物です。そんなわけで家族で目指したのは長野県大町市のうさうさのプチファームさんの圃場なのでした。

うさうさのプチファーム公式サイト

http://usaputi.com/

家族でドライブを楽しみながら進む道中もまぁ強烈な景色でして。白馬辺りを通った時はここで栽培する仲間も居るのだなぁ、どんなピノワールが出来るのかなぁと思いにふけったり。
大町に到着。聞いていた通り、とんでもないレベルの絶景です。山の偉大さとその前に並ぶ家々の近さに違和感すら感じます。


そして待望のうさうさのプチファームのNさんにの圃場に到着。ごらんください圃場から見えるアルプスの山々。このデジカメでは撮影出来ないし、視界でも収まりきらないパノラマです。この環境で育つワインはどうな感じになるか想像してから飲むのも楽しそう。

人の圃場を見ることはとても参考になりますね。なんとか獣害対策をしなければいけないのは共通の悩みでした。

 そしてこれから植えつける新たな畑も見せてもらいました。もう支柱がセットされており、苗木が到着し次第、植えつけていくとのことです。うらやまC。ここもまた100点満点の景色です。しばらく見入ってしまいました。

帰り際にさっと渡してくれたのは「小腹が空いたときのおやつ」と「奥さんが風邪で痛めている喉のためののど飴」。やさしいなぁ。

ついでに大町市の観光も楽しもう。ワインを楽しむ人はその土地のテロワールを楽しむ。そこからこのワインを作っている地域はどんなところなのだろうという興味へとつながる。ワインは観光になるというのはそういうところなのだろう。実際、ワイン関連で国内のいろいろな場所に出かけることが多くなったもの。

信濃大町駅前の豚のさんぽの太麺ラーメン。個性的なラーメンを久々に食べた。ダムカレーも美味しかった。若い人の発想で良いお店が出来てそんな子達が町を変えていく。きっとそれでいいし、良い町ではそれが出来る。


お次は息子が楽しみにしていた大町山岳博物館へ。

 私も息子も興奮したのが剥製(かな?)の展示コーナー。近場で見られる野生動物が生き生きとした動きを魅せてくれてる。例えばキツネがネズミを襲うとことか、とてもリアル。カブトムシやクワガタもなにげに居て盛り上がりました。

 三葉虫の化石。普通なら子供に触っちゃダメ!と注意する場面ですが、「触ってOK!」とあったのでなでなで触らせてもらいました。生まれて初めて三葉虫に触れたかもしれない。。

古代ザメのメガロドンの刃も展示。全長13m~20m。こんなのが横を泳いでたら失神しますね。いい大人なので失禁だけは避けたいです。ともかく、人間にどうにかなる相手じゃありません。

 付属の動物園にはニホンカモシカも居ました。そうそう、こういう顔をしてました。


大町山岳博物館
http://www.omachi-sanpaku.com/


いやー、大町市を楽しみました。

2017年3月19日

千曲川ワインアカデミーを卒業しました!

全国のワインファンの皆様、こんばんわ、長野県でワインブドウを作っております阿部健史(あべたけし)と申します。この度、長野県東御市のアルカンヴィーニュで行われていた千曲川ワインアカデミーを卒業することが出来ました。
ワインバレー構想を立ち上げたヴィラデストの玉村豊男先生と。
著書も何冊も拝見しました。つながりを持てて光栄でした。
講師も豪華&贅沢でした。栽培にドメーヌオヤマダの小山田先生、醸造に北海道函館の農楽蔵の佐々木先生とヴィラデストの小西先生、最新の国内外のワイナリー情報やテイスティングをワイン&フードジャーナリストの鹿取みゆき先生と世界のソムリエ大越基裕先生。気取らない雰囲気でワイン作りに関する1000のことを教わりました。

ヴィラデストの小西先生と。いろんな技術を惜しみなく教わりました。感謝です!
他にも醸造機器の使い方や地質学、農薬の使い方、ワイナリー設立や経営や経理などを幅広く
学ぶことが出来ました。今は分からないことでもすべてノートに書き写したので読み返せばつながってくるでしょう。

また、私はアカデミー2期生なのですが、気さくで個性豊かな仲間に恵まれました。職種も動機も多種多様ながら、今年から、または数年後から国内外、県内外で人生をかけてワインぶどうの栽培を始める「本気」の方々です。みんなの存在にとても刺激を受けましたし、私がここまで学ぶ姿勢を貫けたのもみんなの存在のおかげだと思ってます。

囲炉裏を囲む千曲川ワインアカデミー二期生たち

卒業式の夜は一期生も交えてやっぱりワインの飲み会で盛り上がりました。私は仲間の2人と夢中で話してました。今後の栽培方法について、目指すワインについて。そこで私は前々から思っていた、「ワインには栽培&醸造をする人となりが現れる」という不思議ですがある意味当然の現象があると確信出来ました。

私に課せられた命題は「これからの日本ワイン戦国時代を生き抜ける美味しいワインを作って生き残ること」です。それが私のためにも、日本ワインを盛り上げることにも、町民の皆さんのためにもなります。その為には多少のチャレンジと個性づくりが必要なのです。

そう、私は私らしくしか出来ないし、それが私の作るワインにとってベストなのだと。

それを日本と世界のワインを知り尽くした仲間に聞けた最後の夜を私は一生涯忘れないでしょう。迷ったらこの日に戻ってきたいです。

二期生の最後の集合写真。みんなありがとうッス!(一期生の方もいらっしゃいます)
朝がやってきてみんな各々の場所に帰っていきました。我々は8時からJAでの研修です。仲間が軽トラで拾ってくれて、荷台から見る東御市の山々がきれいでした。寒かったですけどね!(笑)
 最後にアルカンヴィーニュの前で。ここで学んだことを生かします。私のワイン作りの物語はこれから始まります。ではまたお会いしましょう。

2017年3月11日

千曲川ワインアカデミーでの最終発表

私のアルカンヴィーニュの卒業発表の日。卒論みたいなものかな。お題は私のワイナリー計画、マーケティング方法とブランド哲学。

でも長和町の研修生の圃場は大体のエリアしか決まっていない状態。なので植えつけ本数や仕立て方法なども案はあれども圃場の形や傾斜で変わってくるので発表することが出来ない。

なので「ワインは作り手を表す」の部分をメインに紹介しようと思った。私の人となりを伝えることでこんな私と家族が作るワインだからきっとあんなワインになるのだろうな。と思ってもらえたらいい。ワインはそこがいいのだ。

発表は皆さんおおいに笑って楽しんでくれました。発表後に質問を頂ける方もいらっしゃいました。
伝えることって大事だなと感じました。

以下、発表した内容を抜粋してここに残します。
長いので読まなくても大丈夫です。興味のある皆様はお時間があればお読みください。



私のワイナリー計画
50年続くワイン作り
2016-J01 阿部健史(あべたけし)

20160424_124511.jpg 

▼お礼
アカデミーでは1年間、大変勉強になりました。これまでの人生でここまでここまで一生懸命に1つのことを勉強したことはありませんし、毎日こんなにたくさんの本を読み答えを求めて考え抜いたことはありません。この1年は私の人生の中でも20本の指に入る、まさしく青春の日々だったと思います。

▼お詫び
さて発表に移りますがその前に私の滑舌が悪いことを最初にお断りしておきます。バスガス爆発、練習してもダメでした。みなさん、べーしたときに顎まで届きますでしょうか?私は舌唇を隠せるくらいしかないんです。この小さな舌がワインのテイスティングにも影響していますね。

▼自己紹介と家族構成について

名前は阿部健史と申します。
家族構成は妻一人、子一人、猫1匹。
家畜構成は山羊1頭、鳥60羽です。
【写真スライド 02自己紹介05まで】

住所は長野県長和町。電話番号は080-4001----。一生変わらないメールアドレスはta@------.comです。ツイッター、フェイスブック、ブログやってます。既婚、新興宗教、無党派層ですので安心してご連絡ください。

▼手作りと循環生活
すぐに「私の目指すワイン」について話したいのですが、ワインは作り手を表すと言いまして私がどんな人間かを知る必要があると思います。そこで私について説明する意味と、時間稼ぎの意味を込めて少し、写真で私たち家族の生活を紹介します。

私たち家族は手作りと自給自足を楽しんでます。各種野菜、お米、もち米、小麦、雑穀、卵、山羊ミルク、山菜、きのこ、石けん、シャンプー、酢、化粧品、鹿肉、ケーキ、お菓子、ジャム、自家焙煎コーヒー、などなどなどなど。まだやってないのは養蜂のはちみつくらいです。


例えば鶏を飼っているのですが彼らと私たちの共存は素晴らしい循環を生み出してくれてます。

まず彼らは調理で出る野菜くずを喜んで食べてくれます。そして毎日を産んでくれます。抗生物質やホルモン剤を与えてない彼らの出す平飼い鶏糞はその辺で200円で売られているものとは安心感が違います。そんな鶏糞で堆肥を作り畑に戻して野菜を作ってます。

そしてその畑で採れる野菜の残差や畔に生える雑草も彼らの食糧になります。人が食べた後の卵の殻も畑に戻せば一か月で微生物に分解されます。完璧です。

そんな自給自足も染みついて当たり前のことになってきた去年、「長和町でワインを作る人を募集する」という話があり、面接を通ることになりました。

こんな自然を愛し、生き物を愛し、家族を愛する私が作るワインですから、
きっと「そういうもの」「そういうワイン」になっていくと思います。


▼ワインを飲みまくる
ワインなんて人生で2本くらいしか飲んでなかった私はワインを飲むことから始めました。
最初に飲んでいたさんざんたるものでした。今見るとお恥ずかしい限り。

ワインに詳しいS君やソムリエのN島さんがいろんなおいしいワインを飲ませてくれ、またアカデミーでのテイスティングや仲間とのワイン会を重ねるたびに少しずつワインの味が分かるようになりました。この1年間で160種類は飲んだと思います。



【写真スライド 06ワインを飲みまくる (10)】



▼研修について
【写真スライド 07研修について (1)】

JAの研修としてはブロッコリの収穫と苗定植、玉ねぎ収穫、圃場の草刈りが6割、あとの2割がリンゴで2割が巨峰の作業でした。


JAでの研修では研修生としていろんなワインブドウの圃場に行って勉強させてもらったり、いろんな先輩栽培家の話を聞けたりしたのはラッキーでした。その時には自然栽培&独学で野菜を育ててきた自分ならではの視点からの気づきでいろいろなアイデアを思いつきました。

私が考えているのは出来るだけブドウが高品質(糖度が上がる、フェノール類が充実する)になる栽培方法と、各作業が少しでも快適になるアイデア満載の管理方法です。少しでも安心安全で個性のあるナイスなブドウが獲れる根拠をいくつもちりばめます。まだチャレンジもしてないので内容を話すことは出来ませんが、成功した暁にはどれが失敗してどれが成功だったかを発表したいと思います。30のうち15でも成功すれば画期的だしそれでも十分成功できると思ってます。


▼栽培計画について

【写真スライド 08栽培計画1】
来年の4月から就農する場所は長野県の長和町で、こちらが圃場予定地の日向地区です。地区が確定しただけでまだ持ち主との交渉すら始まってない状態です。それでも2haを目安に農地を借りる予定に決まりました。

今年はここの圃場をライバル?のN島さんと整備していくことになってます。業者に頼めば数億円とのことですが、自分達で頑張れば月給だけで済みます。小型特殊免許を取り、鹿柵を張り、了解が得られたら石垣を崩して整備します。本格的な冬までに土づくりも始めなければいけません。そして来年春には苗の植えつけです。

植える品種につきましては(略)、自分の育てたい品種を植えさせていただけることになりました。関係者の皆様には感謝しかありません。ありがとうございました。

町にワイナリーがない件や私たちに醸造経験が少ないという問題点などについてはおそらくN島さんがお話しすると思うのでそちらを参照ください。

町で作るワイナリーの進めばまた違うことになることもありますが、そういうのが一切なかった場合の私のワイナリー計画はとてもシンプルです。ぶどうの収穫開始初期は年間2000本の委託醸造を行います。

2000本という数字には意味があり、これは日本ワインコンクールに出品出来る最低流通本数です。無名の私が売れるワインを作るためには何かしらの評価が必要になるのですが、ワインコンクールで金賞を獲ることはステップを短く出来ると考えてます。出品には1回に15万円以上かかるので出来れば数回のうちに獲ってしまえたらいいなと思います(笑)。

ラインナップは世界に通用する高品質なものとコストパフォーマンスの高いお手軽なものも作ります。お値段は2200円でも価値は3500円以上のものになると考えてます。美味しくて安いのですから当然、売れるようになるわけですが、これが2000本がささっと売れて品薄となり、次年度は4000本、6000本となれば委託醸造代金も600万円、900万円と上がっています。

そこで私はワイナリー設立を考えます。年間900万円を3年間委託醸造台に使うくらいならその2700万円で十分6000リットルを仕込めるワイナリーを建てられるからです。なので今はともかく良い葡萄をつくり、おいしくて手に取ってもらえるワインを作ります。そしてそれはおそらく私のやり方なら実現出来ます。

品種は白品種はリースリング、ケベルツ、ピノグリ、シャルドネ、ミュラートゥルガウ、ケルナー、シュナンブランetc
黒品種はメルロー、ピノ・ノワール、ネッビオーロetc

メインは決まってますがいろいろ試してみて良かったものから穂木を獲り、その子供を増やしていきます。そこからまた良かったものを選抜して選抜して。先の長い話になりますがこの土地で合う品種を50年計画で探し当てていけたらと思います。

最後に、おいしいワインを作ろうと今までになく本気で勉強し続け、熱く将来を語る私を見て、7歳の息子が2年生最後の授業参観で発表してくれた作文を紹介します。この言葉をもらえただけで、もう成功だと思ってます。私はとてもしあわせです。

彼の世代には私が作るものより更に進んだ一歩先のワインが飲めることでしょう。
彼が大切に思えるような圃場を、ワイナリーを夫婦で作っていきたいです。

以上、ご清聴ありがとうございました。