2017年3月24日

大町市うさうさのプチファーム圃場見学と大町市観光

農的生活が大好きな皆様、こにゃにゃちわ。長野県長和町そらいろ農園の阿部です。

先日はワインアカデミー2期生のワインブドウ圃場を見せていただきました。こういうつながりもアカデミーに通ったからこその宝物です。そんなわけで家族で目指したのは長野県大町市のうさうさのプチファームさんの圃場なのでした。

うさうさのプチファーム公式サイト

http://usaputi.com/

家族でドライブを楽しみながら進む道中もまぁ強烈な景色でして。白馬辺りを通った時はここで栽培する仲間も居るのだなぁ、どんなピノワールが出来るのかなぁと思いにふけったり。
大町に到着。聞いていた通り、とんでもないレベルの絶景です。山の偉大さとその前に並ぶ家々の近さに違和感すら感じます。


そして待望のうさうさのプチファームのNさんにの圃場に到着。ごらんください圃場から見えるアルプスの山々。このデジカメでは撮影出来ないし、視界でも収まりきらないパノラマです。この環境で育つワインはどうな感じになるか想像してから飲むのも楽しそう。

人の圃場を見ることはとても参考になりますね。なんとか獣害対策をしなければいけないのは共通の悩みでした。

 そしてこれから植えつける新たな畑も見せてもらいました。もう支柱がセットされており、苗木が到着し次第、植えつけていくとのことです。うらやまC。ここもまた100点満点の景色です。しばらく見入ってしまいました。

帰り際にさっと渡してくれたのは「小腹が空いたときのおやつ」と「奥さんが風邪で痛めている喉のためののど飴」。やさしいなぁ。

ついでに大町市の観光も楽しもう。ワインを楽しむ人はその土地のテロワールを楽しむ。そこからこのワインを作っている地域はどんなところなのだろうという興味へとつながる。ワインは観光になるというのはそういうところなのだろう。実際、ワイン関連で国内のいろいろな場所に出かけることが多くなったもの。

信濃大町駅前の豚のさんぽの太麺ラーメン。個性的なラーメンを久々に食べた。ダムカレーも美味しかった。若い人の発想で良いお店が出来てそんな子達が町を変えていく。きっとそれでいいし、良い町ではそれが出来る。


お次は息子が楽しみにしていた大町山岳博物館へ。

 私も息子も興奮したのが剥製(かな?)の展示コーナー。近場で見られる野生動物が生き生きとした動きを魅せてくれてる。例えばキツネがネズミを襲うとことか、とてもリアル。カブトムシやクワガタもなにげに居て盛り上がりました。

 三葉虫の化石。普通なら子供に触っちゃダメ!と注意する場面ですが、「触ってOK!」とあったのでなでなで触らせてもらいました。生まれて初めて三葉虫に触れたかもしれない。。

古代ザメのメガロドンの刃も展示。全長13m~20m。こんなのが横を泳いでたら失神しますね。いい大人なので失禁だけは避けたいです。ともかく、人間にどうにかなる相手じゃありません。

 付属の動物園にはニホンカモシカも居ました。そうそう、こういう顔をしてました。


大町山岳博物館
http://www.omachi-sanpaku.com/


いやー、大町市を楽しみました。

0 件のコメント: