2017年5月8日

ワインブドウ挿し木で7000本突破、そして芽が出始めました

挿し木されたそらいろ農園のワインブドウ苗
こつこつと平日も土日も朝も夜も、時間を見つけては穂木を切り続けて植え続けて、ついに苗木(挿し木)が7000本を突破しました。そしてうれしいことに・・・。

発芽してきたワインブドウの挿し木苗
どんどん発芽してくれてます!4月18日頃からさし始めていたので20日位かかりました。小さな芽が少しずつ膨らんでいき、葉が開いていく様は感動です。毎日朝晩のビニールトンネルを開け閉めやジョウロでの水やりの苦労が報われます。

品種によっても早さが違うようでネッビオーロ、シャルドネが早いです。萌芽の早さは早熟か晩熟によるなのかと思ってましたが晩熟のネッビオーロが早いのは意外だなぁ。同じ樹から取った枝は全て同じクローンのはずなのですが、切り方なのか部位なのか、個性を感じます。

…と喜んでおりますが挿し木の場合、実は勝負は葉よりも「根が出るかどうか」なんです。芽は貯蔵養分で出ますが、それ以後の成長には発根が必要不可欠。頼むぞーーー。

買ったシャルドネの2年苗
こちらは仮植している2年苗のシャルドネ。こちらも葉が出始めました。あくまで仮植なのでこの状態で長期間保存するのはマズいのです。一刻も早く自分の圃場に植えたいのですが町の圃場の仕事やJAでの研修、その他の仕事との兼ね合いでネット張りが進まず、なかなか植え付けが出来ません。とはいえ問題を解決して来週には植えたいと思います。

そして私が朝も夜もぶどうのことを考え、ワイン作りに没頭させてもらえてるのは家族の支えがあるからです。息子もいつも畑に出てきてくれまして、たまーーーにですが挿し木の手伝いをしてくれてます(笑)。
ワインブドウの挿し木を手伝ってくれる8歳息子。
8歳にしていっぱしに「これシャルドネ?」とか言うんです。将来有望ですね。
ではまたです!

0 件のコメント:

コメントを投稿