2017年8月5日

立科町のいざわさんのワインお披露目会に参加しました

 
本日2017年8月5日(土)は長和町のお隣、立科町のたてしなップルさんでアルカンヴィーニュの1期生である(私は2期生)いざわさんのファーストヴィンテージのお披露目会がありました。美味しい料理とワインをごちそうさまでした。

最初にいざわさんがワインの説明をしてくれたのですが、彼がこの日のために費やしてきた努力と時間を想像し、涙がにじみました。同じ作り手として苦労や不安が分かるからです。私にもこんな日が来るのでしょうか。その時に私にはこれだけの人を集めることが出来るのでしょうか。魅力ある作り手にならなければいけません。
 
いざわの畑のファーストヴィンテージ
Le Coteau des Chevrettes, Sauvignon Blanc enfant, 2016。糖度12%。
一瞬、樽を使ったのではないかと感じたほど果実味のある香りが心地よく、しっかりと完熟させた果粒を想像させてくれました。ワインは味わいもさることながら、香りもとても大切です。

2016年の長野県は収穫時期直前の長雨がひどく、(30日中、25日以上降ったエリアも)、更に3年~5年目の若い樹からの収穫ということでしたが、それでこのポテンシャル。天候に恵まれれば来年以降はすごいことになりそうです。隣町で作る自分のワインもちょっと期待できるかも、なんて妄想したりもしました。
 
立科町の地域おこし協力隊の方や立科町でワインブドウを栽培している方とも新たに話せてとてもワクワクしました。まだまだ素敵な方がいらっしゃるんだなぁ。またお会いできたらと思います。
醸造した320本のうち1本買わせていただいたので飲むのがとても楽しみです!

0 件のコメント: