2018年6月28日

パパとぼくがワインブドウを作る絵

自然派ワインの造り手を目指す長和町のあべっちでございやす。ここ10日くらい、毎日ブロッコリーの収穫に終われてましたが、よーやく昨日から収穫に丸1日かからなくなりまして、ぶどうの作業が出来ました。やったネ!

とその前に9歳息子がタッチパネルで書いてくれた絵を見てください。おいしそうなブドウが出来てにっこにこの私。葉が1枚もないので収穫をひっぱって完熟させたのでしょう。真ん中のブドウには貴腐も出てるから糖度が上がりそうだなぁ。下にはワインボトルもありますね。昼間っから飲んじゃったのかな?
うれしいなぁなんて思っていたら、なにやら描き足してて・・・



あ、ぶどう畑にゆーきくんも加わりました!10年後、一緒に作業出来たらたのしいなぁ。こんな絵をもらったパパはあと10年でも20年でも頑張れるよー。ありがとう!
 
ぶどうの仮植畑。こういう耕せる石の少ない圃場は重宝します。
さて、正気に戻って。昨日はお借りしている仮植えの畑に大雨の中、黒マルチ張りの続きをしました。張ったのは右側の2列。雨だと土は重いけどその分、最初の水遣りをしなくて良いので。息子くん、ノートにメモっておくように。

長和リースリングの苗
こちらは一ヶ月前に仮植しておいたぶどうの苗(リースリング)。7割くらいは展葉してきました。この時期に葉が出てないのはもしかするとここいらの厳しい冬を越せないかも。去年のも山ほど死に絶えたしね。。

2年目の仮植ピノノワール(台木101-14)の誘引もしました。ずっと地べたをはいずっていたのでかわいそうなことをしたけど、それでもボルドー液を2回散布することで去年のような悪夢の黒とう病やべと病は回避できてます。


健康的なピノノワールの葉。健康的で樹勢もあります。自然派といっても、いや自然派を目指すからこそ、病気が出さないための対策をしっかりしなくてはいけません。

ちらほらとコガネムシがやってきてましたが殺虫剤をまくわけにはいきませんので手で取りました。全滅しなきゃそれでいいんです。


0 件のコメント:

コメントを投稿