2018年7月11日

天空の畑のリースリングと作業中の妄想

あべです。写真はリースリングを作付けする天空の畑(仮称)。畑の名前はまだ考え中でベタな仮名で呼んでるけど、いいブドウが出来る可能性を持ってると思う。標高は900m、なかなかの眺めです。

もう7月になっちゃったけど、なるべく成功率が高まるように定植作業をしてます。5年後にここでウキウキなリースリングの房がなってて、獣害もあるけど端の列がちょっと食べられるくらいで。つまみ食いしながら徐葉作業してて、この葉は落とすべきか残すべきか考えることはたくさんあって。それでも病気に悩まされるんだろうなー。

苦悩、葛藤、でも笑顔、でも充実。失敗も成功もいっぱいして1年1年を過ごして。

10年後の私の50歳の誕生日に、この畑の休憩所で「ようやく売ってもいいかな?」くらいのまぁまぁ満足できるのが出来たのでそのお祝いも兼ねて、そのリースリングで乾杯して。セラーで寝かせてた 幻のメルローの2020とシャルドネ2020をこの日ばかりは開けちゃって。あぁ、この道をグラスや料理を持って上がってくるの大変だなぁー。

作業中は、おいしくないワインが出来たらどうしよう、逆においしすぎるワインが出来たらどうしようなんて無駄に考えたり、、誰かが教えてくれたことをその通りだよなぁと思ったり、そうじゃないだろうと頭を悩ましてみたり。苗を土に埋める瞬間、お前は強そうだな、お前はどんな樹になる?なんて考えて見たりしてます。


ただ1つ言えるのは、10年後もここはブドウ畑だということ。私が死んだり病に倒れたりしない限りは。獣に食われようが病気で全滅しようが凍害で枯れようが、私が居る限り補植し続けるだろうから。人間ひとりができることって意外にすごいな、と思います。

楽しくなるようなリースリングを造って息子たちと乾杯したいです。
そのときには目を閉じて、今、2018年の夏を思い出したいです。


2018年7月5日

私たち夫婦が今、なかなかに力を入れて栽培してるのはハーブです

長野県のワイン大好き野郎、阿部っちです。夢のワインブドウ作り、収入を得る為のブロッコリー作り、趣味の自給自足野菜や果樹、養鶏も楽しんでおりますが、私たち夫婦が今、なかなかに力を入れて栽培してるのはハーブです。

そらいろ農園で育てているハーブの苗。
今年もいろいろ種まきをしてみました。あぁなんていい香りなんでしょう!ラベンダー、タイム、ソープワートなどは発芽せず。スイートマジョラム、セージ、チャイブなどはうまくいきましたね。遅霜で全滅した苗もありました。うまくいった苗から種取りして増やしていきたいです。

これらの苗を畑に定植して畑の生物の多様性を促し、またあるものでは液肥を作って害虫を遠のけて、またあるものには土作りをしてもらい、健康的で野生的なワイルドオーガニックガーデンに育てていきます。

千葉県のハーブ園にて
なにより、私の奥さんは15年来、アロマテラピーとハーブの教室を開催してきた人です。うちの体を洗う石けんやシャンプー、手洗い洗剤や食器洗い洗剤にはハーブを使ったエッセンシャルオイルが使われているし、飲み物ならハーブティやコーディアル、とまぁハーブありきの生活を続けてます。私が育てたオーガニックなハーブたちを思いきり活用してくれることでしょう。

セブンイレブンで買ったアイスを畑に届けてくれた奥さんと。メガネはブヨ対策です。
こんな畑から収穫されたぶどうがこんな夫婦によってどんなワインになるか、自分でもとても楽しみです。あー、早く飲みたい!

2018年7月3日

メルロー畑の草刈りとメルローの目指す方向性

なんということでしょう。こちら、通称「3反の畑」。今年メルローが植えられた畑なのですが、草がボーボーボーじゃないですか!前回草刈したのは6月12日、この写真を撮影したのは28日だから・・・たったの16日間でこんな伸びてしまうんですね。

個人的にはもう少し伸びてからでも良いと思うのだけど、世間体があるので気持ち早めに作業するように意識てします。土地を持っている方に草が土を作るなんて意識はなく、草は恥、草は敵なんです。それにしても草の種類が少なすぎますね。土作りを毎年続けていろいろな種類の雑草が育つ畑に変えていきたいです。

草刈すると決めたら愛機「草刈まさお君」の登場です。いや、本当にそういう商品名なんですって。四輪駆動の23馬力、こんくらいのパワーがないと石だらけの傾斜は上れませんからね。高い買い物でしたがその価値はありました。

ほら、1時間程で通路の草刈が完了。パワフルー。残った樹間は仮払い機で刈っていきます。そこまできれいにしないほうがいいブドウが出来ると考えてますが、カヤが残っているのでそいつらを減らすためには地上部を刈り取り続けるしかありません。
 
草の中でも成長してる可愛いメルロー。 今年は病気もなく元気に育ってくれてます。
成長はゆっくりでもいいからしっかり根を張るんだよ。 メルロー君たちの方向はフランスはボルドーの右岸、コート・ド・カスティヨンのシャトー・プピーユのメルローです。

シャトー・プピーユの紹介

https://mot-wine.mottox.co.jp/winery/publish/html.backup/927.html


そうそう、ボルドー液を農薬の指定以上に濃くして散布してぶどうを真っ白にしてるぶどう農家の方も多かったのですが、いくらボルドー液がオーガニックな農薬だからってそれもどうかと思うんです。飲んでくれる方々や家族の為にも私はルールを守っていきたいですね。