2018年7月3日

メルロー畑の草刈りとメルローの目指す方向性

なんということでしょう。こちら、通称「3反の畑」。今年メルローが植えられた畑なのですが、草がボーボーボーじゃないですか!前回草刈したのは6月12日、この写真を撮影したのは28日だから・・・たったの16日間でこんな伸びてしまうんですね。

個人的にはもう少し伸びてからでも良いと思うのだけど、世間体があるので気持ち早めに作業するように意識てします。土地を持っている方に草が土を作るなんて意識はなく、草は恥、草は敵なんです。それにしても草の種類が少なすぎますね。土作りを毎年続けていろいろな種類の雑草が育つ畑に変えていきたいです。

草刈すると決めたら愛機「草刈まさお君」の登場です。いや、本当にそういう商品名なんですって。四輪駆動の23馬力、こんくらいのパワーがないと石だらけの傾斜は上れませんからね。高い買い物でしたがその価値はありました。

ほら、1時間程で通路の草刈が完了。パワフルー。残った樹間は仮払い機で刈っていきます。そこまできれいにしないほうがいいブドウが出来ると考えてますが、カヤが残っているのでそいつらを減らすためには地上部を刈り取り続けるしかありません。
 
草の中でも成長してる可愛いメルロー。 今年は病気もなく元気に育ってくれてます。
成長はゆっくりでもいいからしっかり根を張るんだよ。 メルロー君たちの方向はフランスはボルドーの右岸、コート・ド・カスティヨンのシャトー・プピーユのメルローです。

シャトー・プピーユの紹介

https://mot-wine.mottox.co.jp/winery/publish/html.backup/927.html


そうそう、ボルドー液を農薬の指定以上に濃くして散布してぶどうを真っ白にしてるぶどう農家の方も多かったのですが、いくらボルドー液がオーガニックな農薬だからってそれもどうかと思うんです。飲んでくれる方々や家族の為にも私はルールを守っていきたいですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿