2018年10月2日

2018年10月02日(火)葡萄畑の草刈

まろやか黒糖ウメシュ
2015年くらいだったかに奥さんが造ってた黒糖うめ酒が出てきたのでワインセラーで保管してちびちび飲んでる。3年ものの梅酒なんてなかなか無いよね。熟成がやんわり進んでてとてもおいしい。毎日いろいろやってる過去の自分達に感謝。

日向の駐車場畑

日の作業は2つの畑でブロ収穫、出荷、今日は3円引きなので車にガソリンを入れて、ビーバーで葡萄畑の草刈り。駐車場畑の外周と1本畑の樹間草刈を終わらせた。台木がすくすく育っててうれしい。ぶどうを接いでもいいし、台木取りに使ってもいいし、夢が広がる。秋2番目のブロッコリー畑の収穫まで日数がありそうなのでこの5日間が葡萄畑の作業チャンス。支柱立ても進められるかな。

スタンドの店長さんにどうしてセージとすぐに分かったのと聞いてみたら、やはり奥さんが興味のある方だったみたい。家にラベンダーとミントを植えてあるんだって。それで品種が分かるようになるところで彼が愛妻家だということが分かる。イイネ!

そらいろ農園の畑のにんにくスペース

午後からは家裏畑の片付けと耕運とマルチ張り。あぁトラクタ欲しい!とても疲れた。にんにく植えるぞー。葉物まくぞー。

朝早く起きてるからか睡眠の質が低いからなのか、22時を過ぎるともうだめ。強烈に眠い。本読んでても日記かいてても寝ちゃう。奥さんとサッポロ黒ラベルで乾杯。新しいグラスを友人からもらえたので気分も上場。大地で買ってきたプルーンも完熟でとてもおいしかった。


▼プルーンの挿し木は可能か?(知恵袋より抜粋)
1)20リッターぐらいの水槽を用意する。
2)予め湿らせた無菌(挿し木用)の土を5~6センチいれる。
3)挿し木の10センチのうち3~4センチを1年前の木にする.葉は1/5の面積に
4)ビニールで蓋をして、木漏れ日のさす木陰に置く

▼プルーン、桃、プラム等の接木に使える台木
富士野生桃

0 件のコメント:

コメントを投稿