2014年6月9日

「ほっとステイながわ」で長和町にいらっしゃ~い♪

あべっちです。毎日合わせて12反(多分)ほどある田畑をかけずり回ってます。去年1年間でうちの鶏と山羊の糞でおいしい野菜が出来ることが分かったのでもう迷いはありません。36歳ですが青春まっただ中,出来る限り早く手足を動かすだけです。(自分の手の残像が残ってるイメージ)

 さて,長和町では「ほっとステイながわ」というイベントがある行っているのですが,今年から弱小農家のそらいろ農園も受け入れ農家として参加させていただいてます。こちらは都会に住む小中校生が授業の一貫で「長和町内の民家にて農村体験をする」というもので,時間も朝9から夕方3時半頃までと長時間で本格的です。

では,そらいろ農園のほっとステイで実際に子ども達にどんな体験をしてもらったのかご紹介しましょう。

20140522_111434s.jpg (JPEG 画像, 480x360 px) 
とある日(2014年5月22日)のほっとステイでは山羊たちの山への放牧を手伝ってもらってから,草刈りをして山羊たちに草を与えました。野菜の定植を手伝ってもらった後は男子と女子に別れて男子は薪割り,女子は山菜の収穫をしました。薪割りは男子のウケが良かったですね。男のロマンですね。


  20140605_102106s.jpg (JPEG 画像, 480x360 px)
先日(2014年6月5日)は私が無農薬でやらせてもらってる小さな田んぼ3枚(合計1.6反)の田植えをしました。 手植え体験はなかなか出来るものじゃありません。2名の生徒が縄を張る役,残る11人が植え進んでいきました。

無駄口してる仲間にある友達が「しゃべるなよ」と言ったのを聞いた私は「いやいや,みんなでやる農作業は無駄話が楽しいんだよ,どんどん話して」と伝えました。そう,手仕事は楽しいんです。それを証拠にカエルやオタマジャクシを見ながらワーキャー言いつつもみんな笑顔なんですね。

20140607_104428s.jpg (JPEG 画像, 480x360 px)
手植えだと曲がってるのも味。機械化されすぎて農薬も便利になりすぎて,農家達ですらありがたみが薄れてる今日日のお米づくりですが,頑張った子ども達は明日から食べるお米への感謝の気持ちが大なり小なり,変わることでしょう。



20140522_122254s.jpg (JPEG 画像, 480x360 px)
こないだ(2014年6月8日)のほっとステイでは薪割り→野菜収穫→火起こし→調理→収穫したばかりの野菜で豚汁を,収穫したばかりの有精卵でソーメンを食べるということをやりました。ただ作業的に薪割りをやってもらうのではなくて,「うちはガスを契約してないので,薪で調理をする。なので君たちに薪を割ってもらって,その薪で豚汁を調理するから」と流れを伝えてやってもらいました。自分たちがこれから使う薪と確信したことで勢いが増したように感じました。

女子チームに調理を担当してもらい,男子に火をおこしと火の強さ調節を担当してもらいました。わざと細かい指示はしません。そうすると彼らは自分達で話し合って一番効率が良く無理のない感じで動いてくれます。そんなこんなで食べた豚汁も,収穫した産みたて有精卵でのソーメンも大好評でした。こんなのもうちならではの体験だと思いますよ~。

そんなわけでなかなか楽しい時間を過ごすことが出来ました。休憩時間はトーク的が盛り上がりました。食べ物作りの現状を知ったもらった上で,そらいろ農園がやってることもしっかり伝えましたし,彼らの夢を聞いてみたりもしました。頑張れ少年少女。どんな結論を出しても良いけど,ちゃんと自分の頭で考えて生きていこう。

忘れてしまうだろうけどそれでもこの体験で何かを感じてくれたと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿