2018年4月25日

新規就農者の激励会でごちになりました!


阿部たけしです。飛び地だらけの私のブドウ団地の農地に関してですが、その後どうなったの?とお問い合わせを頂きました。関心をもってくれることに感謝です。しかしながら。。今のところ、進展はほぼありません。いただいたアドバイスから役場の農政課へは「もし今後もお声をかける予定がないのであれば私が農地の所有者や中間管理機構に働きかけたい」という要望は半年前の、N嶋さんと農地を振り分けた半年前に伝えてあります。

先日、役場の方に「もし役場で動けないのであれば農地の所有者のリストアップをお願いできませんでしょうか?」と改めて伝えました。役場も忙しいとは思いますが、ちょっとこのままでは家族に申し訳なく、まとまった農地を譲ったN嶋さんの顔を見るたびに「どうして私だけがこんな苦労を…」と、本来起きるはずもなかった悲しい想いがこみ上げてきてしまうのです。これが私の包み隠さない今の心情ですが、とはいえそれが現状というだけで、いつかは良くなるだろうという想いは変わりません。大丈夫です。

  さて、昨日は「新規就農者の激励会」なるものがありました。上田市、東御市、長和町、青木村で今年は15名が新規就農者とのことで、彼らを祝う会なのでした。上田市のささやでおいしい食事とお酒を1000円ポッキリで振舞ってもらい、先輩の農家の皆様から話しが聞けてとても有意義でした。ブロッコリ栽培に関してクリティカルっぽい情報ももらえてご満悦なのでした。(お話できなかった方も多かったのですが、またお会いして近くの席に座らせていただいたときは「へぇー!」と思わず声を出してしまうようなお話を楽しみにしております!)

その後、丸子のりんご農家さんのHさんに初対面ながら上だのバー(RM)に連れてっていただき、おいしいワインや料理をご馳走になってしまいました。出来る男はなにかあるわけですが、やっぱりこの人も違いました。海外を知ること、おいしいものを知ること、よいお店を知ること、よいものを造ること、良いものを食べることが地域と農業の未来を造る、仲間は大切、など、トークの中から学ばせていただきました。


人間力。少なくても私はこれでこの人のファンになったし、この人の育てたりんごやシードルを味わいたい思わせました。これこそが魅力。なくてはならないものです。私もちょっとずつ人間力をつけていけたらなぁと思った1日でした。

そうそう、今月頭に息子達を北海道のじい&ばあちゃんに会わせることが出来ました!

0 件のコメント:

コメントを投稿