2012年11月26日

山羊小屋に顔出し窓とごはんボックス

山羊さんとにわとりさんのごはんの確保、そして薪集め&薪割りでてんてこまいになっております、あべっちです。ちなみにブログ更新もペンティアム4の自作PCなので重くて大変です。でも壊れても直し続けて、直せなくなるまで使いたいと思います。それが本当のPC上級者&エコ上級者でしょう。さてさて。
20121126_102810s.jpg (JPEG 画像, 480x318 px)
山羊小屋に穴を空け、ごはんボックスを設置してみました。下手くそなイラストは私がみつろうクレヨンで適当に描きました。(こうやって適当に描いておくと奥さんが描き直したがるのでそれ狙い♪)

そして除角で血まみれになってしまった顔もようやくきれいな状態に戻ってきました。毎日なでながら血のかさぶたを取り除いてました。そらちゃん、本当、ごくろうさまでした。そしてごめんね。


今日早速、保育園のバスで「山羊さんが顔出してる~」と園児達が喜んでました。人間の都合(お金)でしか物事を考えられなくなった政治家が作り出しているこの国の中ではありますが、地球には人間以外の生きものがいっぱい居るんだよと感じてもらいたいです。へっへっへ。最初の目的達成。

もうひとつの目的は南の壁に穴を開けることで採光して小屋の中を明るくすることでした。
 20121122_111132s.jpg (JPEG 画像, 480x318 px)
ほら、日の光が入るとこんなに違うんです。寒さに強い山羊さんといえども昼過ぎまで日光が当たらない場所での北向き解放は寒すぎますし、太陽が当たらなければ山羊さんの苦手な湿気も抜けませんものね。冬の日光は生きものならみんな大好きなんです。

20121126_102224s.jpg (JPEG 画像, 480x318 px)
いつまでもえさ箱におこぼれをいただくのを待つそら。もらえると良いけど、なにせ人口が千葉県市川市の1/60。めったにないかもしれないね。

車でお風呂に行くときなどここから顔を出して軽く「めぇ~~」と鳴いて見送ってくれます。以前と比べると「外に放牧すると狂ったように鳴く病」は変わりませんが、小屋につないでおくだけならずいぶん静かになりました。そう、それでこそ山羊だよ。

もうすっかり家族の一員。大変だけど可愛いやつです。



0 件のコメント:

コメントを投稿