2018年7月26日

花も草も虫もいっぱいなへんてこなブドウ畑です。

2018年7月26日現在の柿の畑。
長野県のワイングロアー、阿部です。上の写真は2反の小さな「柿の畑」です。黄緑の葉がポツポツ見えるのがブドウの苗木なのですが、その周りに咲くいろとりどりの花が虫たちを呼んでます。自然な農業を目指す人間としては癒される風景です。


アップで撮影するとこんな感じ。湿気がこもって病気になるのと、幹に穴を開けるガの幼虫を寄せ付けないために株周りの雑草はきれいにカットするというのがぶどう栽培の鉄則なのですが、私はほどほどにしておきます。この地でしか造れないワインの味わいの為と、なにより、せっかく咲いたのにきれいでもったいないからです。


そんなブドウ園には虫たちが集まってきますね。
写真中央、黄色いのがヒラタアブ。名前はアブだけどハエの仲間だそうです。
アカガネサルハムシ、だったかな。きれいですね。ブドウには害虫です。
大物、カブトムシのメス。子供が喜びます。ブドウを食うから害虫と呼ばれてるとか。

益虫も害虫もみんなこのへんてこな畑においでやす。食べたり食べられたり、助け合ったり、競い合ったりしながら生きるといいよ。居心地が良かったら子育てもしていいよ。

0 件のコメント:

コメントを投稿